福島銀行は13日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響で営業を休止している富岡町の富岡支店を3月22日に移転再開すると発表した。町内で金融機関が営業を再開するのは初めて。 町内では4月1日の避難指示一部解除に向けた動きが進んでいる。移転再開する支店は複合商業施設「さくらモールとみおか」の南側で、6号国道沿い。旧支店から1キロ近く離れており、既存の建物を改装する。コミュニティースペースとして活用できるようロビーを広く確保する。現金自動預払機(ATM)を1台設置する。 営業時間は平日午前9時〜午後3時。店舗の住所は富岡町小浜字中央232。 同行で唯一再開が決まっていない浪江支店は、行内に設置した帰還準備委員会で再開に向けた検討を進める。 加藤勲富岡支店長と元富岡支店長の半沢健一浪江支店長らは13日、営業再開説明のため福島民報社を訪れた。加藤支店長は「住民や事業者の皆さんの帰還を後押ししていきたい」と語った。