郡山市田村町の田村神社で13日、同神社内に秘蔵する聖観音像と大元明王像が開帳され、地域住民らが家内安全などを願った。
 聖観音像は高さ約5.5センチで、人々の悩みや苦しみを救うとされ、田村神社が以前、鎮守山泰平寺だった頃の本尊といわれている。
 大元明王像は高さ約80センチで、人々を勝利に導く朝廷の勝利祈願の本尊とされ、全国的にもほかにほとんどないという。
 江戸時代の絵師狩野探幽が大元明王を描いたとされる掛け軸もあり、いずれも1月13日と、旧暦の6月13日の年2回に限って開帳している。
 境内では、同神社信徒会によって地元・山中地区産の大根を使った「大根炊き」が振る舞われ、参拝者が秘仏から力をもらおうと味わった。