現地時間20日にレスター・シティはリーグ杯でチェルシーと対戦する。レスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督は今夏の移籍市場でチェルシーに移籍したフランス代表MFエヌゴロ・カンテを一緒に歓迎してくれるようサポーターに呼びかけた。19日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 カンテは昨季リーグ戦37試合に出場しレスターのプレミアリーグ優勝に貢献していた。その活躍を見たチェルシーがカンテの獲得に乗り出し移籍が実現している。ラニエリ監督は同選手の残留を望んでいたがその願いは届かなかった。しかし、ラニエリ監督は同選手に悪い感情は抱いていないようだ。

「私は彼を非常に暖かく迎えたいと思う。彼が昨季、やったことに感謝しなければならない。サポーターも彼を暖かく迎えてくれると確信しているよ。ファンが彼に対して拍手を送ってくれれば私はとても幸せだ。その後、彼は敵になるがね」

 チェルシーに移籍したカンテは、ここまでリーグ戦全試合に出場している。持ち前のスタミナと守備力でチームの中盤を支えていた。昨季は心強い味方だったが、今回は敵として対戦することになる。