現地時間20日にアーセナルはリーグ杯でノッティンガム・フォレストと対戦する。先日、ノッティンガムには元アーセナルのニクラス・ベントナーが加入した。アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が同選手について言及したと、19日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 かつてアーセナルに在籍し将来を嘱望されていたベントナーだが、伸び悩んで十分な活躍を見せられないまま、ピッチ外での奇行や騒動で様々な話題を提供するキャリアを歩んできた。

 ヴェンゲル監督はベントナーについて「私が彼を最初に見つけた時、彼はまだ若かった。16歳か17歳くらいの時で、彼は非常に高い技術を持っていてとても興味深かったよ。身長が高く、空中でのプレーも得意で、走りも良い。彼はそれら全てを持っていた。人々は彼が自信過剰だと思っているようだが、私はそうは思わないよ」とコメントしている。