インテルに所属するクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチが、ユベントス戦に続き現地時間21日に行われるエンポリ戦でもベンチ外となる可能性が高いようだ。19日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 ユベントス戦に関しては、練習中に見せた態度に問題がありフランク・デ・ブール監督は規律違反によるペナルティーとしてブロゾビッチをメンバーから除外したとされていた。エンポリ戦もそのペナルティーを理由に欠場すると考えられている。

 ブロゾビッチは今夏の移籍市場での退団が濃厚視されながらも、最終的にインテルに残留。だが、エベル・バネガやジョアン・マリオの加入で出場機会は減少し、今季セリエAでは開幕戦で交代出場したのみだ。

 ユベントス戦後に自身のインスタグラムで「理由もないのに外された」このコメントを投稿しており、今回の一件でさらにクラブとの亀裂が広がるかもしれない。