現地時間20日にリーグ杯3回戦が行われ、レスター・シティはチェルシーと対戦し2-4の敗戦を喫した。この試合で日本代表FW岡崎慎司は先発出場を果たし2ゴールを決める活躍を見せている。

 試合開始して17分、右サイドからのクロスに岡崎がヘディングで飛び込むも、ここは届かず一旦はボールを相手DFにクリアされた。しかし、これを再び岡崎がヘディングで詰めてゴールに押し込んだ。

 さらに34分、相手のクリアボールをアンディ・キングが拾うと、このこぼれ球を岡崎が胸トラップで拾いDFダビド・ルイスのブロックを振り切り押し込んだ。先制点に続き岡崎らしい泥臭いシュートで追加点を奪っている。

 その後、同点に追いつかれ延長戦で逆転を許してしまった。ただ、地元紙『レスター・マーキュリー』は岡崎の活躍を高く評価している。同紙は岡崎に対して10段階中「8」の採点をつけ、寸評では「彼の2ゴールは、失われた信頼を取り戻すことに繋がるだろう。彼の粘り強いハードワークの報酬だ」とコメントしている。また、英紙『デイリー・メールも10段階中「7.5」の採点をつけ岡崎を高評価した。