日本メディアに聞かれた「メッシになる可能性」

 ことあるごとに話題にのぼる久保建英。以前はバルサに在籍し、現在もその才能をいかんなく発揮する久保には大きな注目が集まるが、スペイン在住記者はその状況に警鐘を鳴らす。“日本のメッシ”とメッシと比較することもあるが、果たしてそのような重圧のかけ方は選手育成にとって健全なのか。同様の騒動でかつては天才少年が苦しめられたことがあったのだ。(取材・文:山本美智子【バルセロナ】)

——————————

 現在FC東京のU-18に所属し、U-16日本代表でも活躍する久保建英くんが日本ではずいぶんと話題になっているようだ。15歳という年齢で“飛び級”し、U-18で既にプレー。中学生ながらトップチームで出場する可能性があるのだから、その才能が注目されるのはある意味当然なのだが、本来、落ち着いて見守るべきの大人サイドがはしゃいでいるように見えるのが気にかかる。

「日本のメッシ」とマスメディアは煽る。だが、“メッシ”であることに伴う重圧や“メッシ”という今世紀のサッカー史における最大の“奇跡”について、掘り下げるメディアは少ない。

 スペイン在住の私は、「久保くんが次のメッシとなる可能性、バルサの10番を背負う可能性があると思いますか」、という質問を日本メディアから何度か受けた。バルサの10番を背負える日は、あるいは来るかもしれない。

 あの中田英寿ですらローマでトッティの控えのポジションから抜け出すことはできなかったのに、イタリアの伝統あるサッカークラブ、ミランの10番を日本人選手が背負う日が来るとは、当時誰が予想しただろうか。

“シティ・グループ”を日本にも広げたマンチェスター・シティが日本人選手を獲得し、プレミアムリーグ優勝を飾れば、そのチームメンバーに日本人選手が名前を連ねる可能性がある時代が来たのだ。考えづらいとはいえ、伝統的なFCバルセロナの10番を日本人選手が背負うことだって、皆無ではないだろう。

 だが、それと次世代メッシとなることは別だ。

毎日の痛みに耐えたメッシ。突然スターになるわけではない

 世界のサッカーは歴史を通して、多くのスター選手を排出してきた。ペレ、ディエゴ・マラドーナ、アルフレド・ディ・ステファノ、ベッケンバウアー、ヨハン・クライフ……。90年代以降の選手も含めたらキリがない。

 だが、そういったあらゆる時代を越えて、レオ・メッシほど高いレベルで長期間に渡り、プレーし続けることができた選手はいない。それも、彼はフィジカル的に恵まれていたとは言えない。本人は進んでは話したがらないが、少年時代に成長障がいを抱えていたことは今では周知の事実として知られている。

 彼の才能は幼少からずば抜けていたが、その治療費は膨大であった。いくら才能があっても多額の治療費がかかり、フィジカル的にも恵まれていない小柄な14歳の少年に投資するクラブは当時なかった。唯一、その才能に賭けて全治療費を支払うと提示したのがFCバルセロナだったのだ。

 成功した今となっては、困難を克服した美談としてまことしやかに語られているが、その辛酸は想像するに余りある。今の久保くんの年齢、15歳の頃メッシは、故郷から離れてバルセロナで練習を積みながら、毎日自分の足に成長ホルモンを打っていた。

 メッシの代理人であり父親であるホルヘ・メッシの口から、私は直接その話を聞いた。「誰かが打ってやることもできたが、私はレオに言ったんだ。毎日、自分で打ちなさい。本当にプロとして成功したいなら、人に頼らずにこの痛みに耐えなければならない。彼はそれに耐え続けたんだ」と。

 もちろんこれは一例に過ぎず、メッシの偉大さを語れば一冊の本ができあがってしまう。だがどんなに才能ある選手も、ある日突然スターダムに上り詰めるわけではない。そして、そのスターダムに上り詰めるためにも才能が必要になる。

 一つの心に留めておきたい例をあげよう。この世界一の選手、レオ・メッシをユースレベルで超えた選手がいたのだ。

天才を追い詰めた過度の重圧。そしてめまいで不調に

 それは、現在ストークシティでプレーしているボージャン・クルキッチだ。彼はユースレベルでメッシが打ち立てた記録をことごとく破っていった。下部組織で900ゴール以上を決めたボージャンは今でもバルサの伝説だ。

 17歳でトップチームに引き上げられたボージャンは、まさに期待の新星だった。父親がセルビア人のためセルビアのA代表でもプレーできる可能性のあった彼を、一刻も早くスペインのA代表でデビューさせようとマスメディアも騒ぎ立て、当時のルイス・アラゴネス代表監督はフランスとの親善試合(08年2月)に初招集した。

 ボージャンの代表デビューはこの試合の目玉の一つだった。試合前、会場でボージャンの父親にばったり会った。以前、仕事で知り合っていたので「息子さんの初招集、おめでとうございます」と声をかけた。

 私はその時知らなかったのだ。ボージャンが体調不良を理由に試合のリストから外れることになったことを。それを知り、彼が「ああ、うん」と歯切れの悪い返事をした理由はわかったが、それにして、その時のやけに暗い表情が気になった。その謎が解けたのはそれから数年後だった。

 メッシの記録を飛ぶ勢いで破っていった天才少年は、長い間めまいに悩まされていた。立ち上がれないほどの強烈なめまいは、日々薬を飲むことで抑えられていたが、それが重圧から来た精神性のものだったことをボージャン自身が明かしている。「全てをコントロールできていると思っていたが、そうではなかったんだ」と彼は語った。

 現在26歳のボージャンは、代表を諦めなければならなかった当時の決断を後悔していないと話す。今はもうめまいに悩まされることもなく、ストーク・オン・トレントの空の下で汗を流している(編注:その後ボージャンは08年9月に代表デビューを果たすも、今のところこれが唯一の代表戦出場記録となっている)。

 現在15歳の久保くんの才能に疑いの余地はない。彼は順調に成長し、プロとして活躍するだろう。だが、才能ある選手を早い時点から追いつめてはならない。温かく長い目で見守る環境ほど大切なものはない。

 彼の選手人生はまだスタートラインにあり、人生には様々なことが起きうるのだ。だからこそ、バルサの下部組織の哲学は「選手形成」ではなく、倒れた時に起きあがるための「人間形成」にあるのだ。

(取材・文:山本美智子【バルセロナ】)