マンチェスター・シティのジョゼップ・グァルディオラ監督は、コートジボワール代表引退を表明したMFヤヤ・トゥーレの代理人が謝罪しない限り選手がプレーすることはないだろうと明かした。20日付け『マルカ』が報じた。

 事の発端は“ペップ”・グアルディオラ監督がY・トゥーレをチャンピオンズリーグの選手リストにも入れなかったため、代理人であるディミトリ・シェルク氏が「Y・トゥーレに屈辱を与えた」と痛烈に批判したことにある。

 さらにシェルク氏は「もしシティが優勝しなければ、その時はグアルディオラ監督にトゥーレのような偉大な選手に屈辱を与えたことが間違っていたと認める度胸があるといいね」とも発言している。

 グアルディオラ監督はY・トゥーレの態度について、「非常に難しいものだ。彼がいい奴だと知っているからね」としたが、代理人の発言を理由にY・トゥーレを戦力外にしていることを明かした。

「彼の代理人のあの発言から、もうY・トゥーレを計算に入れていない。彼がプレーすることは決してないよ。代理人からクラブに謝罪がない限り、トゥーレを試合に出場させない」

 バルセロナで指揮を執っていた当時もグアルディオラ監督はY・トゥーレを指導していたことがあったが、両者はそれ以来の犬猿の仲として知られている。しかし、シティで出場機会を得られなくなったのは代理人に大きな原因があったようだ。