めまぐるしく布陣変更したBVB

 ブンデスリーガ第4節、アウェイでヴォルフスブルクを5-1で下したドルトムント。香川真司は出場しなかったが、思わぬライバルが出現した。“戦術マニア”トゥヘル監督だからこその台頭かもしれない。(取材・文:本田千尋【ヴォルフスブルク】)

——————————

 意外なライバルが台頭した。2016年9月20日のブンデスリーガ第4節、ボルシア・ドルトムントはアウェイでVfLヴォルフスブルクと戦った。

 ヴォルフスブルク戦を、ドルトムントは[4-1-4-1]でスタートする。

【GK】ビュルキ
【DF】右SBピシュチェク、右CBソクラティス、左CBバルトラ、左SBシュメルツァー
【MF】ボランチにバイグル、右SHプリシッチ、左SHデンベレ、右インサイドハーフにゲッツェ、左インサイドハーフにゲレイロ
【FW】オーバメヤン

 香川真司はベンチスタートとなった。

 2試合連続の6-0で、ドルトムントは波に乗った。4分、早くも先制に成功する。バイグルのラストパスにゲレイロが抜け出して、ゴールを決める。1-0。12分にバルトラが負傷で交代するアクシデントはあったが、ドルトムントがチームとしてブレることはない。16分にはオーバメヤンが追加点を決める。2-0。ベンチで試合を見ていた香川は「スタートが良かった」と振り返る。

 ヴォルフスブルクは、ゴメスやゲルハルトといった新戦力の融合に上手くいっていないようだ。ゴメスは動きが重く、ターゲットマンとして機能しない。ボールを頭で落としても味方と合わず、また、GKと1対1を迎えた36分の場面など決定機をモノにすることができない。

 後半に入るとドルトムントは、布陣を左右非対称の変則的な[4-4-2]に変更する。4バックは少し右にスライドする。バイグルとゲッツェとカストロがDFラインの前でトライアングルを形成。オーバメヤンとデンベレが2トップを組む。デンベレは左に右にと自由にポジションを移す。そして左に入ったゲレイロは上下に移動し、DFラインに吸収されて5バックを形成することもある。

 しかし布陣変更による混乱もあってか、53分、ディダビに1点を返されてしまう。2-1。それでも波に乗るドルトムントの自信が揺らぐことはない。58分にゲレイロ、カストロと繋いで、最後はデンベレが決めきる。3-1。

予想外のライバル登場に香川は何を思う?

 さらに布陣変更は続く。左SHにゲレイロが、右SHにデンベレが入った。[4-1-4-1]の形を取る。安定を取り戻したドルトムントは、62分にカストロの折り返しをオーバメヤンが決める。4-1。73分にはCKからピシュチェクがヘッドでダメ押し弾。ヴォルフスブルクを5-1と寄せ付けなかった。そして試合の終盤には、再び左右非対称形の布陣を取っている。

 そして、ヴォルフスブルク戦で香川がベンチに座り、ゲレイロが先発した理由は、この度重なる“布陣変更”にありそうだ。

 試合後に香川は、ゲレイロについて「左サイド全般のポジションができることを証明しつつある」と述べた。

 昨季の後半戦では[3バック+2シャドー]を採用し、前節のダルムシュタット戦では[3-2-4-1]を試したように、ドルトムントの監督トゥヘルは“戦術マニア”とでも呼ぶべき側面を持っている。

 今回のヴォルフスブルク戦では、前半を[4-1-4-1]で始め、後半は左右非対称の[4-4-2]を試した。そこで重要になるのが、インサイドハーフを務めることもできて、左右非対称の布陣で左サイドにポジションを取り、DFラインに入りながら上下に動くことのできる、ゲレイロということになる。要するにゲレイロは、複数のポジションをこなすことができるのだ。

 もちろん香川もトップ下とインサイドハーフなど複数のポジションを務めることはできるが、ゲレイロのように、サイドで上下に動きながら、DFラインにも入って守備をするのは難しいだろう。ゲレイロの本職はSBなので、そういった動きが可能となる。

 ヴォルフスブルク戦でゴールも決めたように、ゲレイロは目に見える結果も残している。試合後に香川は、ゲレイロについて次のように語った。

「やはりいい選手ですし、結果を残している。現状では俺自身をすごく使いづらい状況ではあると思う」

 ゲレイロは監督トゥヘルの下で、インサイドハーフとしての境地も開きつつある。まだ今季も始まったばかりだが、ドルトムントのちょっとしたサプライズと言えそうだ。

 意外なライバルの台頭によって、香川にとっては、しばらく耐える時間が続くことになるかもしなれない。

(取材・文:本田千尋【ヴォルフスブルク】)