Jリーグは21日、先週末17日に行われた明治安田生命J1リーグ2ndステージ第12節で提示された警告に「人違い」があったことを公表した。

 味の素スタジアムで開催されたFC東京浦和レッズの47分、直前のプレーでFC東京の中島翔哉をペナルティエリア内で倒したとして、浦和の阿部勇樹が反スポーツ的行為高山啓義主審にイエローカードを提示された。

 しかし、これが日本サッカー協会審判委員会によって「人違い」だったことが確認され、警告対象が同じく浦和の那須大亮に変更されることとなった。試合映像にも明らかに那須が中島を倒した場面が残っていた。

 なお、このイエローカードに関してサッカー競技規則第5条で「プレーに関する事実についての主審の決定は最終である」と規定されているため、公式記録は変更されないものの、警告自体は阿部から那須に付け替えられて警告累積に算入される。