現地時間21日にブンデスリーガ第4節が行われ、ケルンはシャルケと対戦し3-1の勝利をおさめた。ケルンに所属する大迫勇也はこの試合で今季リーグ戦初ゴールを決めている。

 試合開始して36分、シャルケのクラース・ヤン・フンテラールに先制ゴールを許したケルン。しかし直後の38分、左サイドからのクロスを味方がゴール前で後ろに落とし、それに反応した大迫が豪快なミドルシュートをゴールに突き刺す。現地時間8月20日に行われたドイツ杯1回戦のBFCプロイセン戦で2ゴールを決めていたが、それに続いて今季公式戦3得点目となった。

 大迫の同点弾を皮切りに、77分と83分にケルンは得点を決めて逆転する。結局、ケルンは3-1の勝利をおさめリーグ戦2連勝とした。大迫は後半途中までピッチで走り続け勝利に貢献している。