ユベントス 4-0 カリアリ セリエA 第5節】

 ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、1節で首位を奪還したことに満足しているようだ。21日に伊メディア『メディアセット・プレミアム』が伝えている。

 現地時間18日にセリエA第5節が行なわれ、ユベントスはホームで昇格組のカリアリと対戦。

 前節に行われたイタリアダービーの敗戦を払拭させたいユベントスは開始から攻める。まずはダニエレ・ルガーニ、ゴンサロ・イグアイン、ダニエウ・アウベスがゴールを決めて3点リードで前半を折り返すと、後半には相手のオウンゴールが決まり4-0でユベントスが快勝。そして、同日に行われたナポリジェノアと引き分けたためにユベントスが首位奪還に成功している。

 この結果にアッレグリ監督は、「私にはカンピオーネ(偉大な選手の意)がいるんだよ。このチームに1試合以上の失敗はできない」とイタリアダービーの敗戦で受けた批判を振り払った。

 今季未だに得点がないFWパウロ・ディバラについて尋ねられると、「とても良い試合をしていたよ。落ち着いていればその内ゴールは決まる。我々にとって首位を奪還することが大事だった」と返答。

 その一方で、試合については「2-0になってから減速すべきだったけれど、勢いを止めずに試合を進めてしまった。中3日で試合をしている状況でそれは体力の浪費だ」とこれからの改善点を上げている。

【得点者】
14分 1-0 D・ルガーニ(ユベントス)
33分 2-0 G・イグアイン(ユベントス)
39分 3-0 D・アウベス(ユベントス)
83分 4-0 オウンゴール(ユベントス)