アタランタに所属する19歳のコートジボワール代表DFフランク・ケシエが欧州中から注目を浴びているようだ。22日にイタリアの『エコ・ディ・ベルガモ』が伝えている。

 昨年にアタランタへ加入したケシエは、同クラブのユースチームを経て昨季にセリエBのチェゼーナへ期限付き移籍した。そこで公式戦37試合に出場して4得点2アシストを決めると、今季は戻って来たアタランタでセリエAデビューを果たし、これまで5試合に出場して4得点を決める大活躍をしている。

 この活躍により、現在ケシエはセリエAのクラブだけではなく欧州中のクラブから熱視線を向けられているという。先日行われたセリエA第5節のパレルモ戦には、ケシエを近くで視察するためにリバプール、アーセナル、バイエルン・ミュンヘン、チェルシーセビージャ、そしてマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティのスカウトが訪れていたと報じられている。

 セリエAではユベントス、ナポリ、インテル、そしてミランから注目されているケシエは、センターバックを本職とするものの守備的MFとしてもプレーが可能な選手だ。身長183センチとそこまで背は高くないが、ヘディング力が強く強靭なフィジカルも備えている。

 セリエA第1節のラツィオ戦で、いきなり2得点を挙げる鮮烈なデビューを果たしたケシエ。これからの最注目株の1人となりそうだ。