ブンデスリーガ2部のザンクトパウリに所属する宮市亮が、現地時間22日に行われた1860ミュンヘン戦で先制点の起点となった。22日に独紙『ターゲス・シュピーゲル』が報じている。

 この試合で先発起用された宮市は16分、相手のパスをカットすると持ち前のスピードを活かして一気にペナルティエリア内に侵入。ゴール前にパスを送り1度は相手選手に跳ね返されるもクリストファー・ブフトマンが押し込んでザンクトパウリが先制した。

 その後、点の取り合いとなり2-2の引き分けに終わったが宮市は大きな活躍を見せている。昨季は左膝十字靭帯断裂の大怪我を負ったため苦しいシーズンを過ごした宮市。しかし今季は開幕戦から出場機会が与えられている。チームの1部昇格に向けてゴールという結果も残したいところだ。