指揮官は清武への関心を失っていない

 UEFAチャンピオンズリーグのユベントス戦、ベティスとのダービーマッチで出場機会を与えられなかった清武弘嗣。序盤の重要な二試合をベンチから見守ることとなった。日本代表のMFが新天地として選んだセビージャは、中盤に多くの選手を獲得しており、今後も激しいポジション争いが繰り広げられるだろう。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部)

——————————

 この夏にセビージャが清武弘嗣を補強したことには、驚いた者も多かったかもしれない。獲得が要請されたのはホルヘ・サンパオリ監督がやって来る前だったが、モンチSDの気まぐれだったわけではない。退任直前のエメリ前監督が後押しした補強だったとはいえ、彼の獲得はマーケティング目的の賭けではなく、サッカーの上での賭けだった。

 ハノーファーからセビージャへやって来た清武の冒険は順調な船出とはならず、練習3日目での負傷によりプレシーズンの最初の数週間を失うことを強いられた。それでもサンパオリは、彼が非常に興味深い何かを提供できる選手だと分かっている。”サッカーのできる選手”だ。

 スペイン・スーパーカップのバルサ戦で上々のプレーを見せ、リーガ開幕戦のエスパニョール戦でサポーターの信頼を得ることができた。監督も試合後の会見で日本代表MFが「信じられないような試合」をしたと認め、リーガは彼を開幕節のベストイレブンに選出した。

 チャンピオンズリーグ(CL)のユーベ戦とベティスとのダービーマッチという、セビージャにとってこのシーズン序盤戦で特に重要な2試合を欠場したが、サンパオリが彼への関心を失ったわけではない。様々な周辺事情によるものだ。

 CLでは、対戦相手の要求する試合のタイプにより外れることになった。中盤でのフィジカル重視のぶつかり合いだ。セビージャはその戦いで貴重な勝ち点1をもぎ取ることができた。

 ベティス戦では、多くのサポーターが清武をピッチ上で見たいと要求していた。“ムド”・バスケスは、能力に疑いの余地はないとはいえ、コンディションやスピードは清武に分がある。結局監督はサラビアを投入したが、これまでの試合のように采配的中とはならなかった。ラス・パルマス戦の清武の欠場は、代表戦の長旅後の疲労によるものだった。

時間的余裕が与えられないポジション争い

 セビージャを率い始めてからの短い期間にアルゼンチン人指揮官が示してきたのは、どの選手も絶対的な存在にはしないということだ。ダービーという重要な試合に、カリーソとラミを負傷で欠いて臨んだセビージャだが、サンパオリはコロジエチャクを躊躇なく外して下部組織のDFディエゴ・ゴンサレスを招集した。

 状態が良くなければプレーすることはない。ガンソとベン・イェデルも、今季最初のダービーマッチをスタンドから観戦しなければならなかった。つまりは”椅子取りゲーム”だ。音楽が止まった時、注意力を欠いた者、スピードがない者、調子が良くない者は押し出されてしまう。

 サンパオリのサッカー観はアグレッシブでスペクタクルなものであり、欧州での挑戦が初めてだとはいえ彼には野心も経験もある。セビージャは、監督が自身のやり方を植え付けられるメンバーを揃えることを意図してきた。だがその結果として、現監督が要請した補強ではなかった者も含めて9人の新戦力を加えたメンバーには、自信と時間が不足している。シーズンを戦いながら余分な時間を取るという贅沢は許されない。

 清武はセビージャで幸福を得られている。ドレッシングルーム内での親しみやすい性格により非常に愛されており、プロ意識も強い。言葉を理解し始めるのにさほど時間を要することもなかったし、セビージャの文化や習慣を楽しむことができている。

苦労しつつも積み上げている勝点

 清武のほかサラビアやナスリ、ムド・バスケス、コレアなどクオリティーの高い選手たちを加え、セビージャは中盤を強化した。加えて、ビトロの存在もある。現在のリーガで最も好調な選手の一人であり、常にチームを牽引する姿勢を持った選手だ。その中から、最も良い状態にある選手が起用される。ごく単純なことであり、そうでないものはベンチに、あるいはスタンドに座ることになる。えこひいきも無ければインチキの余地もない。

 このセビージャの賭けは、誰よりもまずサンパオリにとっての勝負であり、彼にとって海を渡った新天地での自己紹介のようなものだ。指揮官はその挑戦を勝利で終えたいと望んでいる。

 相手に応じて、ローテーションの中で清武の出場機会は増えもすれば減りもするだろう。そして彼は、セビージャが保有権を持つ選手だ。レンタルで加入した選手も多いが、清武には今後4年間の契約があり、セビージャに腰を落ち着けたいという意志がある。8月以来、チームが戦った9試合のうち5試合に出場して1ゴール2アシストを記録しているが、まだまだ先は十分に長い。

 差し当たって今後は、サン・マメスでのアウェイゲームと、サンチェス・ピスファンにオリンピック・リヨンを迎えてのCL第2戦が待ち構えている。清武が出場するのかどうかは待ってみなければ分からないだろう。

 サンパオリがチームを操るのに苦慮しており、選手たちがまだ監督の要求に適応しきれていないとしても、大事なのはセビージャがリーガとCL初戦でここまで無敗を守っていることだ。リーガでは勝ち点15のうち11を獲得している。もう少し我慢強く見守るには十分な成績だ。

(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】)