タフな連戦。ローテーションでメンバー入れ替えが濃厚

 今日、フライブルクと戦うドルトムント。連戦となるため前節では出場機会のなかった香川真司にチャンスが巡ってくる見込みだ。先発奪還のためにも、重要な一戦となる。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

————————-

 タフな連戦が続く。2016年9月23日のブンデスリーガ第5節、ボルシア・ドルトムントはホームにSCフライブルクを迎える。

 14日のCLレギア・ワルシャワ戦から、ドルトムントは20日にヴォルフスブルクを5-1で下して3連勝とした。3試合で合計17得点1失点とし、今のドルトムントは怖いものなしだ。10日のRBライプツィヒ戦で0-1と不覚を取ったことが、もう遠い昔のことのようである。

 27日にはCLグループF第2戦のレアル・マドリー戦、10月1日にはレバークーゼン戦と、中2日、3日で続いていく連戦の最後には難敵が待つ。レバークーゼンもCLに参戦中だ。昨季CL王者のレアルが、欧州トップクラスであることに変わりはない。連勝で得た自信と勢いを持って強豪との試合に臨むためにも、フライブルク戦で勝利することはやはり重要になる。

 22日の会見でトゥヘルは「戦術的な規律と柔軟性のあるチーム」と昇格組のフライブルクを評した。フライブルクのセットプレーを警戒しつつ、マキシミリアン・フィリップとヴィンセンツォ・グリフォの名を上げ、両者のFWとしての技術を評価した。また他には、リオ五輪ドイツ代表FWのニルス・ペーターセンも要注意だろう。前節ハンブルガーSV戦では、途中出場から決勝点を決めている。

 それでも攻守の切り替えにおけるインテンシティでは、同じく昇格組のライプツィヒには劣る。少なくともドルトムントがホームで連動したプレスと鋭いカウンターに苦しめられることはなさそうだ。また、比較的バイタルエリアのスペースにも余裕はあり、香川真司がトップ下で出場となれば、持ち味は発揮しやすいだろう。

 過密日程の中、トゥヘルはローテーションを組んでいる。連日深いトレーニングが出来ない状況で、先発メンバーを少しずつ入れ替えながら、タフな連戦を乗り切ろうとしている。また、ダルムシュタット戦とヴォルフスブルク戦に違った布陣で挑んだように、トゥヘルは対戦相手に応じて柔軟に戦術を選択しているようだ。

一致団結を強調する香川。ポジション争いでも重要な一戦に

 そう考えると、前節ヴォルフスブルク戦で出場機会はなかったが、フライブルク戦で香川に出番が回ってくる可能性はある。ゲレイロの台頭は著しいが、続くレアル戦とレバークーゼン戦を考えれば、トップ下及びインサイドハーフのポジションでもメンバーの入れ替えはありそうだ。

 ダルムシュタット戦の後で、香川は“全員の力”の必要性を強調した。

「最初から出た選手も、途中からの選手も、本当に全員がチームのために戦えているので、それが一番大事。その中で、あとは目の前の試合でしっかりと結果を残して行ければ、必ず必要とされると思う」

 タフな連戦を乗り切るためには、やはりチーム全員の力が必要となる。中2日、3日の過密日程を、固定メンバーで乗り切ることは難しい。そこでは多少の出場機会を失うことがあっても、決してエゴを剥き出しにせずに、チームのために戦うことが重要になる。

 そして先発出場か途中出場かに限らず、ゴール、アシストといった目に見える結果を残す。チームの勝利のために、最大限の力を尽くす。そうすれば、必然的に出場時間は増えていく。

 昨季の後半戦で、一時的に出場機会に恵まれない時期を過ごしながら、最終的には先発の座を取り戻した香川は、身をもってそのことを知っているのだろう。目の前の練習、試合に向けてしっかりと集中して、準備し続ければ、流れは自ずと変わってくる。

 フライブルク戦はドルトムントが連勝の流れを維持し、また、香川が流れを取り戻すためにも、重要な一戦となりそうだ。

(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)