戦術とは別次元にある「湘南スタイル」の定義

 湘南ベルマーレがもがき苦しんでいる。17日のアビスパ福岡戦で0-2の完敗を喫し、連敗は泥沼の「10」にまで伸びた。セカンドステージだけでなく年間総合順位でも最下位に転落したなかで、曹貴裁監督はクラブのDNAでもある「湘南スタイル」を貫くと力を込め、眞壁潔代表取締役会長は経営規模を拡大させていくことへの決意を新たにする。土壇場に追い込まれたベルマーレの現在位置を追った。(取材・文:藤江直人)

——————————

 湘南ベルマーレの戦いぶりを介して、日本サッカー界のなかでかなり浸透した感のある「湘南スタイル」という言葉の定義を、あらためて噛みしめてみたい。

 起源はベルマーレがJ2を戦っていた2012シーズン。ある試合後の公式会見で、このシーズンから指揮を執っていた曹貴裁監督が「我々の湘南スタイル」という言葉を残したこととされている。

 攻守を素早く切り替える、攻守両面で常に数的優位を作る、縦パスが占める割合を40パーセント前後にする――といった戦術的な特徴はあるが、真の定義はこれらとはまったく別の次元にある。

 昨年2月に発表した初めての著書『指揮官の流儀 直球リーダー論』(角川学芸出版刊)の冒頭部分で、曹監督は「湘南スタイル」の定義をこう著している。

「スタンドとピッチが同じ気持ちを共有しながら、スタジアム全体に『これが湘南のサッカーなんだ』と胸を張れる空間を作り出すこと」

 代名詞としてよく結びつけられるカウンターは、ファンやサポーターとベルマーレというチームが、同じ価値観のもとで心を躍らすことのできる代表的なプレーのひとつにすぎない。

 2度目のJ1を戦っていた昨シーズンの途中には、トップカテゴリーで確固たる結果を残してきたチームに苦杯をなめるたびに、指揮官はこんな言葉を残してはチームの原点を確認している。

「90分間を通して足を止めない。両方のゴール前で体を張る。1回でボールを奪えなかったら2回、3回と何度でもいく。1回で相手を崩せなかったら2人、3人と人数をかけて攻める」

 あるいは、対戦相手や状況によっては引いて守ることも必要なのでは、と指摘されたときには未来を見すえながら、覚悟を込めた毅然とした表情でこう持論を唱えたこともある。

「『絶対』というものがないと勝負することはできない。次の試合へ向けて違ったことをするようでは、チームに『絶対』は残らない。僕は『絶対』というものを譲りたくないし、選手たちに『絶対』を実践させたうえで勝たせてあげたいし、勝ってもらいたい」

「絶対」をもつことで相手に講じられる対策

 悲願のJ1残留を果たし、さらなる高みを目指して臨んだ今シーズン。曹監督が貫く「絶対」をもってしても、目の前にそびえる壁を乗り越えることのできない苦しい戦いが続いている。

 アビスパ福岡をホームのShonan BMWスタジアムに迎えた17日のセカンドステージ第12節は、残り6試合となった今シーズンの戦いのなかでも、非常に重いウエートを占めていた。

 キックオフ前の時点で、年間総合順位でベルマーレは17位、アビスパは最下位の18位とともにJ2への降格圏をさまよっていた。加えて前者は9連敗、後者も5連敗と文字通りの泥沼にあえいでいた。

 果たして、勝利の雄叫びをあげたのはアビスパだった。開始34秒で獲得したPKをFW金森健志が決めて主導権を握り、15分にはFW平井将生が目の覚めるようなスーパーミドルをゴール右隅に突き刺した。

 もっとも、この場面でもベルマーレは「絶対」を実践しようとしている。左タッチライン際でパスを受けたベルマーレ出身のDF亀川諒史に対して、キャプテンのFW高山薫が激しいタックルを仕掛ける。

 それをかわされた直後には右ワイドの藤田征也、ボランチの石川俊輝の2人で止めにかかっている。しかし、2人の間を測るようにパスを通し、平井のゴールをお膳立てした亀川は試合後にこう振り返っている。

「ベルマーレの選手は球際に激しく来るのがわかっていたので、食いつかせてかわせれば一気に置いていけるという分析が自分のなかにありました。(その後は)僕のところに2人が取りに来ようとしていたので、その間にうまくパスを出せれば、(平井)将生さんがターンできるスペースが見えていたので」

 J1での戦いも2シーズン目になれば、ベルマーレの戦い方も把握され、チームやあるいは選手個々があらゆる対策を講じてくる。亀川の言葉は、それを端的に物語っていたといっていい。

「最後までやり通すことが、前を向く唯一の材料」

 連敗はついに二桁にまで伸び、セカンドステージに続いて年間総合順位でも最下位に転落した。残り5試合で、J1残留ラインの15位・アルビレックス新潟との勝ち点差は「8」と開いたままだ。

「5年間監督を務めて一度しか残留できていないので、わかったような口を利けないですけど」

 アビスパ戦後の公式会見で曹監督はこう断りを入れたうえで、J1に残留できるチームとできないチームの違いを問うメディアに対して、こんな言葉を紡いでいる。

「クラブの哲学として信じてきたものを最後までやり通すことが、チームが前を向く唯一の材料だと思っています。負けたからやり方を変えるとか、もちろんやり方というのは、システムを変えるというのはあるんですけど、もともと持っている、自分たちが大事にしているDNAを最後まで貫いていけるチームは今年もしくは来年、3年後、5年後、10年後に必ず右肩上がりのチームになっていくと思っています」

 DNAとは冒頭で定義を記した「湘南スタイル」に他ならない。ベルマーレの歴史を振り返れば、決して曹監督のもとだけで「湘南スタイル」が語られるようになったわけではないこともわかる。

 トップチームの戦い方だけに限れば、2007シーズンに就任した菅野将晃監督(現ノジマステラ神奈川相模原監督)が、2000シーズンからJ2を戦ってきたベルマーレという畑を耕しては種をまいた。

 水を与え、顔を出した芽を育てたベルマーレ平塚時代のOBである反町康治監督(現松本山雅FC監督)のもとで、2009シーズンには実に10年ぶりとなるJ1昇格を勝ち取っている。

 そして、2005年シーズンに育成組織全体を統括する立場でベルマーレに入り、ヘッドコーチから2012シーズンに昇格した曹監督のもとで2度のJ1昇格と、悲願でもあった残留を果たした。

 さらにさかのぼれば、責任企業をもたない市民クラブとして再出発した2000シーズン。財政難に伴い、中学生以下の育成組織を一時的に廃止する案に真っ向から反対したのが、ベルマーレの経営に参画したばかりの眞壁潔常務(現代表取締役会長)だった。

小さいクラブなりにもってきた思い

 結果として存続した育成組織から台頭してきたのが、先のリオデジャネイロ五輪でU-23日本代表のキャプテンを務めた遠藤航(現浦和レッズ)であり、今シーズンの副キャプテンを務めるMF菊池大介であり、4-0で快勝した22日の徳島ヴォルティスとの天皇杯3回戦でプロ初ゴールを決めたMF齊藤未月、2種登録選手ながら先発として抜擢されたDF石原広教の17歳コンビだった。

 つまり、「湘南スタイル」とは湘南ベルマーレとして2000年から紡いできた歴史のなかでようやく手にしたアイデンティティーとなる。J3を含めれば6つのJクラブがひしめきあう激戦区・神奈川県で、ベルマーレが生き残っていくための羅針盤でもある。

 たとえ一時的でもそれを捨て去った時点で再びゼロからのスタートを余儀なくされ、価値観を共有してきたファンやサポーター、支援するスポンサー企業との絆にも微妙な影を落としかねない。

 曹監督は原則的に「3‐4‐2‐1システム」で戦ってきた。一方で半永久的に監督を務められるわけでもない。自身が去れば戦い方も変わることも踏まえたうえで、指揮官は著書のなかでこうも著している。

「過去から現在をへて未来へとつながる数十年という歴史のなかで、この先、僕が湘南からいなくなったとしても、前へ進むための羅針盤として『湘南スタイル』を合言葉にしてもらえれば、これほど幸せなことはない。監督が代われば、サッカーのやり方も変わるだろう。

 しかし、それはあくまでもピッチ上に限定されたことだ。見ている側もプレーしている側も面白いと感じられるサッカーを共有していく姿勢だけは、湘南独自のテーマであり続けてほしいと思っている」

 貫き続けてきた決意と覚悟が、あらためて曹監督の言葉として発せられたアビスパ戦後の公式会見。現場を預かる曹監督とともに、車にたとえれば両輪を形成する眞壁会長も決意を新たにしている。

「予算が15億円のクラブが末永く生き残ろうとするのならば、引いてカウンター狙いに徹したほうがリスクは取らない。そうではなく、小さいクラブなりに『日本のサッカーを強くしよう』という思いをもって進んできたからこそ、選手も成長してきた。

 今シーズンを見ても曹は神谷をしっかりと起用しているし、来シーズンは杉岡も入ってくる。そういうクラブが次のステップに進むためには、経営規模を大きくすることを経営者がもっと真剣に考えないといけない。そうじゃないと現場が必死に積み上げても、主要な選手を抜かれてまた下がる。これの繰り返しになってしまう」

眞壁会長が口にした自責の念と責任感

 遠藤に加えてキャプテンのMF永木亮太(現鹿島アントラーズ)、守護神・秋元陽太(現FC東京)らが抜けた今シーズンは、開幕前から苦戦を予想する声が強かった。

 それでも曹監督は、ルーキーのU-19日本代表MF神谷優太(青森山田高校卒)をリーグ戦で13試合にわたって辛抱強く起用。チームの方向性が決め手になったのか。高校ナンバーワンのセンターバックとして評価の高い杉岡大暉(市立船橋高校)の加入も決まっている。眞壁会長が続ける。

「これまではある意味、テーマが明確だからこそ必死にやってこられた。J1に昇格しなきゃいけない、残留しなきゃいけない、だから登るんだ、と。だからこそ、これからはどのようにして登るのか、という話をしなきゃいけない。背負っている酸素の量が足りなければ、増やさなきゃいけない。甲府さんや新潟さん、鳥栖さんみたいに1県1チームという状況ではないけれども、だからといって他のクラブにできてウチにできない、ということはない。

 乱暴な言い方になるけれども、最多(のJクラブがある)県のなかでどのようにして登っていくかというのは、(カテゴリーが)J1でもJ2でも変わらない。それが見えたうえで次を目指さないと、おそらくお客さんも支援者も増えない。これは新たなテーマですよね」

 酸素とは、要は予算を意味する。FC東京に勝利し、悲願のJ1残留を決めた昨年10月17日。味の素スタジアムの取材エリアで、眞壁会長は頬に涙を伝わせながらこんな言葉を残している。

「曹(監督)をはじめ、選手には感謝しています……ただ、感謝だけでは申し訳ない。湘南というクラブのためにまだできていないことがたくさんあるので、体を張って……」

 ただ、現実問題として主力が移籍した穴を埋められるだけの補強は、外国人選手を含めてできなかった。残留争いをしている名古屋グランパスがDF田中マルクス闘莉王を復帰させたような、シーズン途中でのカンフル剤も現時点で打つことができたとは残念ながら言い難い。

 アビスパ戦後に漏らした眞壁会長の言葉には経営トップとしての自責の念と、現場の回転数に合わせるように車輪の回転数をアップさせていくことへの責任感とが凝縮されている。

この状態でも勝利と成長を同時に追い求める

 もちろん、「湘南スタイル」という理想だけを追求していくのならば、単なる自己満足に浸っただけで終わってしまう。実際、いま現在のベルマーレの戦いぶりは「湘南スタイル」の定義とかなり乖離していると言わざるを得ない。

 自信を失いかけ、ミスをすること、ひいては負けることを怖がるあまりに、さらなる悪循環に陥る。アビスパ戦の前半に2度の決定機を外した高山は、心なしか目を潤ませながら、こんな言葉を残している。

「いまこそ自分たちらしさというか、何ごとも恐れない姿勢を出さなきゃいけないのに、自分を含めてそれを試合で出せないことが勝てない理由のひとつだと思っています」

 以前は他のJクラブの強化関係者から「表情が生き生きとしている」と称賛された躍動感と爽快感を、なかなか共有できないからだろう。アビスパ戦後には大きなブーイングが飛び交い、挨拶に向かったゴール裏では曹監督とすべての選手たち、そしてサポーターがフェンスをはさんで思いの丈をぶつけあってもいる。

 チームとサポーターの双方が勝ちたい、いまの状況から抜け出したいと強く願ってやまないからこそ、異例ともいえる光景は約15分間も続き、最後は拍手のなかで次節以降の勝利を誓い合った。サポーターの熱い思いを胸に刻んだ曹監督は、あらためて「湘南スタイル」を貫くと力を込めている。

「僕は勝利と成長を同時に追い求める。ダブルインカムを得られるように、この状態でもやっていきたい。地面を見ても何も変わらない。上を向いて、どんな空なのか、晴れなのか雨なのかを感じながら、日々しっかりと選手たちと向き合っていかなきゃいけない。間違っているかもしれないけど、僕はそう思っています」

 状況的には厳しいと言わざるを得ない。それでも、可能性はゼロではない。そのためには、何よりもまず「湘南スタイル」の原点に回帰すること。残された5試合は奇跡を手繰り寄せるだけなく、ベルマーレのアイデンティティーまでもが問われる戦いになる。

(取材・文:藤江直人)