21日に行われたリーグカップで負傷したマンチェスター・シティのキャプテン、ヴァンサン・コンパニの状態を23日、英放送局『BBC』が伝えている。

 コンパニはリーグ杯3回戦のスウォンジー・シティ戦に先発で出場。今シーズン初出場であり、シティでの公式戦出場は約4ヶ月半ぶりとなった。

 しかし、シティがすでに3人の交代枠を使い切った後半アディショナルタイム、スウォンジーに1点を返されてスコアが1-2となったあと、自らピッチを後にした。ジョゼップ・グアルディオラ監督も「何が起こったか見えていなかった。『何が起こったんだ?』と言ったよ」と困惑した様子だった。

 負傷箇所は昨シーズンにも負傷をしたふくらはぎの再発ではなく、鼠蹊部とのこと。復帰時期を定めずに負傷の治療に専念するようだ。

 シティはコンパニ不在中もジョン・ストーンズ、ニコラス・オタメンディなどを起用してリーグ戦では開幕から5連勝で首位に立っている。