バルセロナが23日、アルゼンチン代表を率いるエドガルド・バウサ監督からリオネル・メッシの負傷について批判された件で、後日アルゼンチンサッカー協会(AFA)から謝罪を受けたと発表した。

 メッシは現地時間21日に行われたリーガエスパニョーラ第5節のアトレティコ・マドリー戦で右足を負傷し、約3週間の離脱を強いられる見通しとなった。

 度重なるメッシの負傷離脱を受け、バウサ監督は「バルセロナの方からは、我々に対してメッシの状態に気をつけるようにというメッセージを送ってくる。だが彼らはあまりケアできていない」と、クラブを批判するコメントを残していた。

 そして今回、バルセロナの広報担当であるジョセップ氏がAFAから謝罪を受けたことを明かしている。AFA側の迅速な対応により、両者の関係が悪化することはなさそうだ。