悪天候の練習も本番モード。激しい当たりも

U-17W杯出場へ向け、激戦を続けているU-16日本代表。25日のUAE戦に向け、激しいトレーニングを繰り返している。開催地インドは悪天候が続き、ピッチコンディションも悪いなかではあるが、選手らは闘志をみなぎらせている。(取材・文:元川悦子【ゴア】)

——————————  

AFC・U-16選手権(インド・ゴア)のグループリーグ3試合で合計21得点を挙げ、3連続大勝でベスト8に勝ち上がったU-16日本代表。しかし、森山佳郎監督が「まだ何も得ていない」と繰り返し強調している通り、真の戦いは25日の準々決勝・UAE戦に他ならない。

 この大一番に勝てば、2017年にインドで開催されるU-17W杯出場権を確保でき、チームの活動継続も決まる。が、万が一、敗れるようなことがあれば、チームはその時点で解散となってしまう。

 「今後1年間の強化ができなくなるのは非常に痛い」と指揮官もコメントしていたが、2020年東京五輪、2022年カタールW杯を見据えても、最悪のシナリオは回避しなければならない。個性的な選手が多いと言われるこの世代には、アジアをぶっちぎりで勝つくらいの強さを見せつけてもらう必要がある。

 2大会ぶりの世界切符のかかる決戦に向け、U-16日本代表は23日、午前11時からトレーニングを行った。この日は当初、10時半の練習開始予定だったが、同日のゴアはこれまでにない豪雨に見舞われた。このため、スタートが若干、遅れる形になった。

 それでも、ここ2日間離脱していた山田寛人(C大阪U-18)含む23人の選手たちは、全く動じる様子もなく、ピッチに登場。泥だらけになりながら、ボールに食らいついていた。

 前日のオーストラリア戦の控え組7人で実施した2対2+フリーマン+GKの練習では、キャプテンの福岡慎平(京都U-18)らが凄まじい勢いでスライディングタックに行き、久保建英FC東京U-18)が悪条件下でも淡々とゴールに向かうなど、全員から凄まじい闘争心が感じられた。

 少し早めにクールダウンを終えた前日主力組の鈴木冬一(C大阪U-18)が「今まで悪いピッチで練習してきた分、アジア予選でもよさを発揮できている。この遠征前も何回もプレーしているので慣れたところもあります。こういうピッチでもみんな自然にスライディングとかを出して戦うことができている。それはいいことだと思います」と語っていたが、そのタフさこそが森山監督が強く求め続けてきたものだ。それをUAE戦で前面に押し出してくれれば、若き日本がこの段階で躓くことなどないはずだ。
      
<h2>「僕が無失点で抑えれば、このチームの攻撃なら必ず1点は取ってくれる」

同日の練習には、松永英機・Jリーグ育成ダイレクター以下、Jクラブの強化担当・現場スタッフの22人が現地視察に訪れていた。久保や平川怜を送り出しているFC東京の宮沢正志強化担当、あるいは鈴木、瀬古歩夢、松本凪夫らを指導したセレッソ大阪U-15の大畑開監督らの姿も見られたが、劣悪な環境かで逞しく戦う若者たちの姿を彼らはその目に強く焼きつけたはず。そんな風景を見て、日本サッカーの未来に少なからず希望を感じたことだろう。

 こうしたJリーグ関係者の期待を受けて、選手たちは準々決勝に挑むことになるが、ここから先は延長・PK戦の可能性もある。現に、2年前のAFC・U-19選手権(ミャンマー)準々決勝・北朝鮮戦で日本はPK戦を余儀なくされ、エース・南野拓実(C大阪)がまさかのミス。最終的に世界切符を取り損ねた苦い過去がある。その時と同じ轍を踏むわけにはいかない。

 UAE戦は、オーストラリア戦でスーパーセーブを見せた青木心(JFAアカデミー福島)に代わって正守護神・谷晃生(G大阪ユース)がピッチに立つと見られるが、彼は「PK戦は全く考えていない」と改めて強気の姿勢を色濃く押し出した。

「僕が無失点で抑えれば、グループリーグ合計21点決めたこのチームの攻撃なら必ず1点は取ってくれる。僕はとりあえず、無失点に抑えることだけ考えてやりたい。自分たちは今までと変わらず身も心も最高の準備、最高のコンディションで、最高のモチベーションで臨んで、必ず勝つってことだけを考えてやるのみです」と187cmの大型GKは自分に言い聞かせるように言葉を絞り出していた。

 谷筆頭に守備陣がしっかりとゴールマウスを守り、鈴木ら攻撃陣が決めるべきところでキッチリ得点をあげること。それが今のU-16日本代表に求められる最重要テーマだ。森山監督がその大舞台に果たして誰を送り出すのか。日本サッカーの未来が懸かった運命の一戦は明日(日本時間25日)行われる。

(取材・文:元川悦子【ゴア】)