パレルモ 0-1 ユベントス セリエA 第6節】

 現地時間24日にセリエA第6節が行なわれ、ユベントスはアウェイでパレルモと対戦。パレルモのオウンゴールにより、ユベントスが1-0で勝利を収めている。

 前節に首位奪還に成功したユベントスは、キエッリーニの代わりに前節に加入以来初ゴールを決めたルガーニを先発で起用。そして、チームのスター選手であるディバラをベンチスタートにし、マンジュキッチとイグアインの2トップで試合に挑んだ。前節に怪我をして途中交代していたブッフォンも再びスタメンに復帰している。

 ユベントスは、早くも31分に最初の交代カードを切らざるを得なくなる。怪我をしたルガーニの代わりにクアドラードが加入以来今季初出場を果たした。しかし、ユベントスが何度か訪れたチャンスを決めれず、前半はスコアレスドローで折り返す。

 すると、後半開始直後にユベントスが幸運な形で先制に成功する。49分にダニエウ・アウベスのシュートをパレルモのエドアルド・ゴルダニガが足でコースを変え、ボールはゴールに吸い込まれた。

 70分にはユベントスのフリーキックからマンジュキッチがゴールを決めるも、オフサイドを取られてゴールが取り消される。

 結局ユベントスがこの1点を守り切り1-0で勝利。2連勝を収め、首位の座を維持している。

【得点者】
49分 0-1 オウンゴール(ユベントス)