プレミアリーグ第6節で昨シーズンのチャンピオンチーム、レスター・シティを4-1で下したマンチェスター・ユナイテッド。ジョゼ・モウリーニョ監督がウェイン・ルーニーをベンチスタートさせた決断をした理由を明かしている。24日、英紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

 モウリーニョ監督はルーニーを「私のキャプテンは私のキャプテンだ」としたうえで、「レスターのようなチームとの対戦で、相手のディフェンスを破るための解決策としてスピードがある選手を起用し、その近くにマタを付けて、彼らと相互に働かせる必要があった」と語った。

 この試合ではルーニーではなく、マーカス・ラッシュフォードとジェシー・リンガードがスタメン出場。裏への飛び出しやサイドの突破などで攻撃を活性化させることに成功した。マタはチーム2点目を挙げるなど活躍を見せた。

 「素晴らしいクオリティを持ったレスター相手に、我々は我々のチームを変えた」とリーグ連敗中のチームの人選、攻撃の形に変化を加えたモウリーニョ監督。

 ミッドウィークにヨーロッパリーグのゾリャ戦を戦うユナイテッド。次節もホームでストークと対戦する。