プレミアリーグ第6節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、4-1と大敗を喫したレスター・シティ。監督のクラウディオ・ラニエリは落胆を隠せないようだ。24日、英紙『レスター・マーキュリー』が伝えている。

 「何が起きたのかを説明することはできない」と語ったラニエリ監督。4-1という結果は想定していなかったのかもしれない。

 「私はこの結果を分析しなければならない。我々はいいスタートを切って、20分まではとてもよくサッカーをしていたのだから」と語り、「最初の失点でスイッチを切ってしまった」と先制点が試合に大きく響いた様子。

 CKから3失点を許したことについては「ユナイテッドはとてもクレバーだった。我々はコーナーに対しては強いのだが」とユナイテッド側のクオリティを称賛している。

 「我々のバッテリーを再びチャージして、今日の敗戦をすぐに忘れて前を向かなければならない」と語るラニエリ監督。ミッドウィークにはチャンピオンズリーグのポルト戦が控えている。プレミアリーグの次節はサウサンプトン戦だ。