ラス・パルマス相手に引き分けに終わり、勝ち点3を逃したレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は集中力の欠如を後悔している。25日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ジダン監督は「我々は試合をコントロールしていたが、集中力を欠いてしまった。許した2得点の与え方は好きではない」と話した。

 しかし、一方でチーム全体のパフォーマンスには満足しているようで「選手たちを批判することはしたくない。スタートから90分良かった。我々はいいサッカーをして、多くのゴールチャンスを作った」と前向きな姿勢も見せている。

 「チームはハングリーな気持ちを失っていない。我々がやるべきことをやらなければならない」と前を見るジダン監督。火曜日にはチャンピオンズリーグのドルトムント戦が控えている。