現在セルティックを率いるブレンダン・ロジャース監督が以前マンチェスター・シティからアシスタントコーチとしてオファーが届いていたことを明かした。24日、英紙『デイリーメール』が報じている。

 ロジャース監督はフリーだった2010年に当時監督を務めていたロベルト・マンチーニのアシスタントコーチとしてのオファーを受けたとのこと。しかし、結果的にはこのオファーを断りスウォンジーの監督に就任をした。

 「私はシティのグラウンドにも行ったし、マンチーニとも会った。ミラノにも招待をされたよ。監督になりたかったけど、その時は可能性がなかった。シティは私がチェルシーでビッグプレーヤーとして働いていたことを評価していたようだ」と当時を振り返るロジャース監督。

 「でもスウォンジーから監督としてオファーがあった。私は監督がやりたかった」という経緯でマンチーニのアシスタントコーチとして働くことは実現しなかったとのこと。

 その後ロジャース監督はスウォンジー、リバプールと監督キャリアを積み、今シーズンはセルティックでチャンピオンズリーグにも挑戦をしており、29日にはそのマンチェスター・シティと対戦する。