フランス・リーグアンで初めて2000年生まれの選手がトップデビューを果たした。25日にイタリアの『カルチョメルカート.com』が報じている。

 日本代表GK川島永嗣が所属するフランス1部のメスで、2000年生まれの選手がリーグ戦デビューを果たした。その選手とは今年の2月に16歳になったばかりのルクセンブルク代表MFヴィンセント・トヒルだ。

 現地時間21日に行われたフランス・リーグアン第6節でメスとボルドーが対戦。ボルドーが3-0で勝利を収めたこの試合でトヒルは82分に途中出場し、リーグ戦デビューを果たした。これにより同選手は、フランス、イタリア、イングランド、ドイツ、スペインの欧州5大リーグで初めてリーグ戦デビューした2000年生まれの選手となる。

 トヒルは元ルクセンブルク代表選手だった父を持ち、兄のセバスチャンやオリヴィエもルクセンブルク1部のプログレス・ニーダーコルンに所属しているというサッカー一家に育った。そしてトヒルはすでにルクセンブルク代表でも4試合に出場しており、今年の5月31日にはナイジェリアとの親善試合で1得点を決めている。

 トヒルは、今夏にバイエルン・ミュンヘンからも獲得を狙われていたようだ。しかし、結局今年の5月に3年間のプロ契約を結んだメスに残ることを決断している。

 これから先、長いキャリアが待っているトヒル。欧州5大リーグでトップデビューした初の2000年生まれの選手として今後注目を集めそうだ。