アウェイのヒホン戦に5-0と大勝したバルセロナ。勝利に貢献したDFセルジ・ロベルトは、自身の新しいポジション、右サイドバックに興味が高まってきたと口にしている。24日、スペイン紙『アス』が報じている。

 この日も右サイドバックで出場、攻守に素晴らしいパフォーマンスを披露したセルジ・ロベルトは「楽な試合ではなかった。ヒホンはハードに向かって来ることが分かっていたし、はじめは苦労した」と述べ、「ピッチコンディションも我々のプレー向きではなかったが、先制ゴール、2点目を奪い、うまくいくようになった」と試合を振り返る。

 そして、「前節、ホームでアトレティコ・マドリーと引き分けていたので、この試合では勝ち点3が必要だった。この勝利は我々にとって重要なものだ」と続けている。

 また、今季は本職でない右サイドバックというポジションが主戦場とされているが「日ごとに慣れてきており、動きを学んでいる。私にとって新しいポジションであり、よりプレーする機会を与えてもらっている。だんだんサイドバックに興味が高まってきている」と述べる。

 ルイス・エンリケ監督からも「最高の右サイドバック」とのほめ言葉をもらったセルジ・ロベルト。序盤に躓きもあったが、気づけば首位レアル・マドリーに勝ち点1差の2位に浮上してきた。24歳の新右サイドバックの存在の重要性もさらに高まってきそうな気配だ。