イギリスで話題を集めているマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監
督の暴露本の内容を巡り、レアル・マドリーはその記述内容を否定している。24日、スペ
イン紙『マルカ』が報じている。

 話題とされているのは、モウリーニョ監督と親交のある、英国のスポーツジャーナリス
ト、ロバート・ビーズリー氏による著書『モウリーニョ:アップ・クローズ・アンド・
パーソナル』という本だ。発売に先駆け、英国紙『デイリー・メール』でその一部が紹介
され、モウリーニョ監督のレアル・マドリーに関しての発言部分がスペインでは大きな話
題になっていた。

 同書によると、「マドリーは昨夏、カルロ・アンチェロッティ監督の後任として、モウ
リーニョ監督とコンタクトを取り、フロレンティーノ・ペレス会長が、GKイケル・カシー
ジャス、DFセルヒオ・ラモスらの一掃を望んでいた」という内容の記述があるが、これに
対し、マドリーサイドはこうした事実はなく、明らかな間違いだとコメントしている。

 他にも、同書には、モウリーニョ監督がマドリーについて語っている部分があり、紹介
されている。「マイケル・エッシェンが30歳の誕生日パーティーをするために、全チーム
メイトに声をかけたが、ルカ・モドリッチしか来なかった」というエピソードや、昨夏の
マドリーの監督選びについて「ペレス会長はネームバリューゆえにジネディーヌ・ジダン
を考えているが、彼はBチームでも成功していない。ユルゲン・クロップ監督は唯一連れ
てこられるだろう。ラファエル・ベニテスはもってのほかだ」と語った箇所も紹介されて
いた。