ローマの生ける伝説フランチェスコ・トッティがセリエA通算250ゴールを達成した。25日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 現地25日、アウェイのトリノ戦に臨んだローマ。0-1で折り返した後半開始からトッティは投入された。その登場には相手トリノサポーターからも大きな拍手が沸き起こる。すると、55分、ディエゴ・ペロッティがペナルティエリア内で倒されて得たPKをトッティが成功。今季2点目をマークするとともに、セリエA通算250ゴールを達成した。

 この試合、ローマは1-3と敗れ、首位ユベントスとの差は広がってしまったが、27日(火)に40歳の誕生日迎えるトッティにとっては、30代ラストマッチで一足早いバースデーゴールを自らに捧げたことになる。

 1994年9月4日のフォッジャ戦で初ゴールをマークして以来、この日のゴールでセリエA通算250点としたトッティは、現在歴代ゴールランキングで2位。1位の故シルビオ・ピオラ氏の持つ274ゴールにどこまで近づけるのか、衰え知らずのレジェンドにこれからも注目は集まりそうだ。