GK:ロバート・グリーン(リーズ)

 移籍情報サイト「transfermarkt」によるとイングランド2部の選手の総価値はヨーロッパのリーグの中で第6位。これは5大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)に次ぐ順位だ。トルコやポルトガル、オランダらを抑えての順位になっている。放映権の高騰などで選手が集まってきており、プレミアリーグでも通用する選手が多く在籍している。

——————————     

ノリッジ・シティの下部組織で育ったロバート・グリーンは順調に成長し、トップチームに昇格。昇格後すぐにレギュラーを確保し、2004/2005シーズンのチームの昇格に貢献。この活躍によって、当時GK不足に悩まされていたイングランド代表にもコンスタントに招集されるようになった。

 2006年にウェストハム、2012年にはQPRとロンドンのクラブでキャリアを重ね、今シーズンからは元スウォンジー・シティ監督のギャリー・モンクが率いるリーズへと加入した。

 イングランド代表でも12試合に出場しているグリーンであるが、思い出したくないゲームは南アフリカW杯のグループリーグ初戦のアメリカ戦であろう。正面に飛んできたクリント・デンプシーのミドルシュートをファンブルしてしまい、ゴールを許してしまった。同大会の出場はこの試合のみにとどまり、これ以降はフレンドリーマッチ1試合の出場に留まっている。

DF:リッチー・デラート(アストンヴィラ)

ベルギーのアントワープでプロデビューを果たすと翌年にはプレミアリーグのストークへと移籍。さらに、2009年にはマンチェスター・ユナイテッドへと引き抜かれた。

 ユナイテッドでの公式戦出場は6試合にとどまり、2年半の在籍でシェフィールド・ユナイテッド、プレストン、ポーツマス、ノリッジと4クラブにローン移籍。2012年に当時2部のレスターへと完全移籍した。

 レスターが”奇跡の優勝”を果たした昨シーズン、開幕から7試合はスタメン出場を果たしたものの、ダニー・シンプソンにポジションを奪われたデラートは出場機会を失う。2月にミドルズブラにローン移籍し、今夏からは2部に降格した古豪アストンヴィラへと移籍し、ここまで3試合に出場している。

DF:マイカー・リチャーズ(ヴィラ)

恵まれたフィジカル、マンチェスター・シティのユース出身ということもありクラブ、代表共に将来を嘱望されていたマイカー・リチャーズも今シーズンは2部でプレーする一人だ。トップチーム昇格後1年目から出場機会を得ると、守備の要として順調に成長。2008/2009には34試合に出場した。

 しかし、フィジカルに頼るプレーからか怪我も多くなり、2013/2014シーズンにはリーグ戦1試合の出場に留まった。翌シーズンはセリエAのフィオレンティーナへとレンタル移籍。契約満了となった2015年にアストンヴィラへと加入した。

 2012年の自国開催のロンドン五輪のさいに結成されたイギリス代表ではクレイグ・ベラミー、ライアン・ギグスと共にオーバーエージとして選出され、ベスト8まで進出している。

DF:スティーブン・コーカー(QPR)

マイカー・リチャーズと同様にイングランドのディフェンスラインを統率すると期待されていた一人だ。2009年にトットナムの下部組織からトップチームへと昇格。ヨーヴィル、ブリストルで経験を積み、2011/2012シーズンに3クラブのレンタル移籍先となるスウォンジーでレギュラーポジションを掴んでプレミアリーグ26試合に出場。このシーズンのオフにはイギリス代表としてロンドン五輪にも出場を果たした。

 その後は伸び悩み、2013年にカーディフ、2014年にはQPRへと移籍。2015/2016シーズンはサウサンプトン、1月にはリバプールへとローン移籍。リバプールでは途中就任したユルゲン・クロップ監督によって、パワープレー要員として前線で起用されることもあった。今シーズンはQPRへと復帰し、プレミアリーグ昇格に向けて戦っている。まだ24歳、これからのさらなる成長に期待が集まる選手だ。

DF:マーティン・オルソン(ノリッジ)

スウェーデン代表として38試合に出場し、今夏行われたEUROでもグループリーグ3試合すべてにフル出場をしたマーティン・オルソンはユース時代にイングランドへとやってきた選手だ。ブラックバーンの下部組織に引き抜かれたオルソンは2007/2008シーズンにプレミアリーグデビューを果たす。徐々に出場機会を増やし、左SBのレギュラーを獲得するに至った。

 2013年にノリッジへと移籍して以降はチームが1年での昇降格を繰り返しており、今シーズンは2部での戦いとなっている。チームは現在9試合終わって勝ち点20と首位を走っており、5年で3度目のプレミアリーグとなるだろうか。

MF:スコット・パーカー(フルハム)

キャリアの多くをロンドンのクラブで過ごし、中盤の底で守備に攻撃にとタクトを振るパーカーの姿を思い出すプレミアリーグファンも多いはずだ。フルハムに移籍して4シーズン目。プレミア昇格を目指して3シーズン目を戦っている。

 チャールトンの下部組織で育ち、1998/1999シーズンにトップチームデビューを果たしたスコット・パーカー。チームの中心として5シーズンで110試合に出場すると、この活躍をビッグクラブが見逃すはずもなく、2004年の1月チェルシーへと移籍。しかし、出場機会を得られずにいると、その後はニューカッスル、ウェストハム、トットナム、フルハムとキャリアを積み重ねていった。

 6クラブを渡り歩きプレミアリーグでは369試合に出場、イングランド代表でもEURO2012をレギュラーとして戦ったパーカーはすでに35歳。キャリア最終盤に差し掛かり、プレミアリーグで再びプレーをすべく昇格に向けて戦っている。

MF:ジョンジョ・シェルビー(ニューカッスル)

パーカーと同様にチャールトンの下部組織で育ったシェルビー。2010年にリバプールに引き抜かれ、ブラックプールへのローン移籍で出場機会を得た。精度の高いキックとミドルシュートは魅力的であるものの、リバプールでは同じポジションにレジェンド、スティーブン・ジェラードが君臨していたため、出場機会をなかなか得ることができなかった。

 出場機会を得るために2013年にはスウォンジーへと移籍。さらに昨シーズンの途中に降格の危機に瀕していたニューカッスルへと移籍したが、その際の移籍金は1300万ポンド(約23億円)と言われている。この金額を見ても才能に疑いはない。ニューカッスルの中盤でチームを支えるシェルビーは、すでに今シーズン8試合に出場して3ゴールを決めている。

MF:エイデン・マクギーディー(プレストン・ノースエンド)

セルティック時代には中村俊輔と水野晃樹ともプレーしたアイルランド代表のスピードスターだ。

 生まれ故郷のスコットランドではリーグ3連覇を達成。その後はロシアのスパルタク・モスクワを経て2014年1月にエバートンへ移籍し、自身初となるプレミアリーグ挑戦を果たす。

 今季はそのエバートンからプレストンへ期限付き移籍。加入後は4試合に出場し、1得点という結果を残すなどチームに欠かせない選手となっている。 

MF:スティーブン・ネイスミス(ノリッジ・シティ)

昨季の冬の移籍市場でエバートンからノリッジに移籍するも、“カナリーズ”(ノリッジの愛称)はプレミアリーグを19位で終えたことで再びチャンピオンシップに逆戻りしてしまった。

 ネイスミスはノリッジ移籍前、エバートンのユニフォームを来て挑んだチェルシー戦でハットトリックを達成し、前年度リーグ王者を地の底に叩き落とした。

 この活躍で一躍脚光を浴びるかに思われたが、このハットトリックがエバートンでの最後とゴールとなり、それ以降は出場機会も激減してしまう。

 チームは自動昇格圏内の首位と好調を維持しており、ネイスミスは5試合で1ゴールを挙げている。

FW:ニクラス・ベントナー(ノッティンガム・フォレスト)

 デンマークの“問題児”が2年ぶりにイングランドに帰ってきた。これまで何度もお騒がせ事件を起こし、昨季終了後の4月にヴォルフスブルクを解雇されてしまった。

 今年2月にはメルセデス・ベンツを購入し、インスタグラムに写真を公開したことでクラブの反感を買った。(※ヴォルフスブルクの親会社はフォルクスワーゲンで、メルセデス・ベンツは競合企業)

 その去就に注目が集まったが、5ヶ月間の無所属期間を経てついに沈黙を破った。その行き先はイングランド2部のノッティンガム・フォレスト。プレミアリーグでは通算136試合で32得点を記録しているが、チャンピオンシップではいまだゴールはない。

FW:リッキー・ランバート(カーディフ)

下部リーグでキャリアを重ねていたリッキー・ランバートは、2009/2010シーズンに当時3部に所属していたサウサンプトンに移籍するといきなり45試合で30ゴールを挙げる。ランバートの活躍と共にチームも昇格していき、30歳で初挑戦となったプレミアリーグでは13ゴールを挙げた。

 2014/2015シーズンにはリバプールへと移籍したものの、ブレンダン・ロジャース監督のポゼッションを志向するサッカーに適応できず、翌シーズンにはウェスト・ブロムへと放出された。ウェスト・ブロムでは2シーズン所属したが、1ゴールしか挙げることができずに今シーズンからはカーディフへと完全移籍をしている。