正しいプレーでも失点を防げなければ意味がない

 ノイアーを筆頭に優秀なGKを数多く輩出しているドイツ。この国はいかにして守護神大国であり続けているのだろうか。毎年7月にドイツでは国際コーチ会議が開催されており、今年は「ユーロにおけるGK分析」の講義が行われた。GKに求められる4項目とともに、その講義内容を紹介する。(取材・文:中野吉之伴【ドイツ】)

——————————

 毎年7月にドイツプロコーチ連盟(BDFL)とドイツサッカー協会(DFB)共催で国際コーチ会議が行われる。3日間様々なテーマでいくつもの講義がある中で、今年はDFB専任GKコーチのイェルク・ダニエルとトーマス・ロイによる「ユーロにおけるGK分析」というテーマの講義も行われた。

 今回は彼らの話からGKというポジションについての考察を紹介したいと思う。講義ではユーロで見られたミスと好プレーが映像で紹介された。様々なシーンがあったが、その中から今回はGKに求められる要素として4つの項目を取り上げたい。

1.ダイナミックさ

 技術的にはすべて正しいプレーであっても、それで失点を防げなければ意味がない。最初に紹介されたのがユーロ開幕戦、フランス対ルーマニアでの先制ゴールの場面。右サイドからパイエがクロスを上げ、ジルーがGKパンティリモンと競り合いながらヘディングで決めたシーンだ。

 ダニエルは「GKの立場からすれば、まずジルーのこの当たりはファウルと判定して欲しいというのはある。キャッチしようとする腕に当たっているからだ。またこのパンティリモンのプレーを技術的な面からみれば、飛び上がるタイミング、空中での姿勢の取り方、ボールへの腕の動き、すべて正しい動作だ。だが、ダイナミックさが足りない。絶対、相手にシュートを許さない! という気迫に欠ける点を指摘せざるをえない。GKは相手に『空中戦は厳しいな』と気落ちさせるくらいの存在感が必要なのだ」と説明していた。

 試合となれば自分とボールだけの関係だけではない。ペナルティエリア内には相手もいるし、味方だっている。常にベストの状態でボールに向かえるわけではない。だからこそ、いつ飛び出すべきかの判断力を養うことが重要だし、飛び出した以上は何が何でもボールを確実にキャッチするか、遠くまで弾き飛ばさなければならない。

「すべてのシュートを3歩以内で止められる」所作

2.重心移動

 こんなGKのプレーを目にしたことはないだろうか。左右に素早く振られたボールについていけず、踏み込んだ足の逆を突かれたシュートがゴールに吸い込まれてゆくのをなすすべもなく見守る。動きの逆を取られてしまってはどうしようもないのだろうか。いや、これはステップの踏み方、体の動かし方という技術的な問題としてとらえるべき項目なのだ。

 取り上げられたシーンはウクライナ戦で見せたノイアーのセーブ。右サイドからのグラウンダーの折り返しを走りこんだコノプリャンカが強烈な右足ダイレクトシュートを放ったが、左ポスト際からセンターに数歩移動していたノイアーが、逆を取られかねないこのシュートにいとも軽やかに反応してみせた。

 ここで注目すべき点はノイアーの重心移動の仕方だ。ロイは「簡単そうに見えるがこれは本当に素晴らしい動きなんです」と壇上でデモンストレーションしながら一つ一つの動きを解析していく。

「サイドステップを踏みながらも重心が全くぶれていない。どのタイミングからでも、どちらにでも動けるように動きながら準備がされている。だから逆を突かれて反応できず、ということが極めて少ないんです」

 そういえばと思い出した言葉があった。

「GKは正しいステップができれば、すべてのシュートを3歩以内で止められる」

 これは筆者がB級ライセンス講習会を受講したときに、ダニエルからいわれた言葉。実戦練習ではGK歴ゼロの参加者が、最初のポジショニングと最初の一歩からスムーズに正しいステップを踏むトレーニングを30分ほどしただけで、ポスト際のシュートにもしっかりとしたセーブを見せるようになった。慌てて足を踏みなおすとボールへの反応も対応も難しくなる。こうした基本的な動作を小さい時から積み重ねているかが、将来大きな差となってしまうのではないだろうか。

はじいたボールを押し込まれるのは、ほとんどがGKのミス

3.ゴールを小さくする動き

 まだ記憶に新しい、マリオ・ゲッツェによるブラジルW杯でドイツを優勝に導いた胸トラップボレー。もちろん一連の流れるような動きは素晴らしかった。だが、GKロメロの対応がこれ以上ないというものだったかというとそうではない。あの場面、シュートへの距離はすでに短く、反応はできない状態だった。そうした場合、そこからシュートコースを予測して反応するのではなく、GKとしてやるべきことは体全体で大きな壁を作ることだった。

 同じようなシーンが今回のユーロでもあった。スクリーンに映し出されたのは、グループリーグの北アイルランド戦の一幕。ゲッツェが右サイドのヨシュア・キンミッヒからのクロスを胸トラップから右足ボレーに持ち込んだのだが、北アイルランドGKマッガバンは体を正対させたまま、両手を広げることでシュートコースを最大限に狭め、最後の瞬間で反応しようとした。

 1秒にも満たない瞬間的なプレーではあるが、飛び込めないと判断した瞬間に壁を作って対応するという決断を下したことで、決まるかもしれないシュートを防ぐことができたのだ。優先順位はしっかりと整理されていなければならない。ベストのプレーができないときにすぐに次善策へと移れるかどうか。それが決定機でシュートを止められるかどうかに響き、その試合の流れにも影響を及ぼす。

4.セービング

 強烈なシュートをGKがセーブしたが、こぼれ球をほかの選手に押し込まれて失点。よくあるゴールシーンだし、「せっかくGKが止めたのに、残念だな」と、試合を見ている人は思うかもしれない。だがダニエルに言わせるとこれらのほとんどはGKのミスだという。

 例として使われた映像は北アイルランド対ウクライナの2点目。右サイドからマイナスの折り返しを受けた北アイルランドのダラスが右足でシュート。ウクライナGKピアトフは反応したが、ボールはマッギンの足元に転がり、ゴールを許してしまった。

「ポイントはシュートをセーブするときの腕の動きだ。このシーンでGKは手を合わせにいっているだけ。だがサイドに打たれたシュートをセービングするときには腕をアクティブに押し出して外にボールを弾き飛ばさなければならない」(イェルク・ダニエル)

群を抜くブッフォンの安定感

 同じようなシーンとして思い出されるのがスペインGKデ・ヘア。イタリア戦ではFKをかき出すことができずに先制ゴールを献上してしまった。デヘアは他に真似ができないスーパーセーブを見せることもあったが、クロアチア戦でバックパスの処理を誤ってあわや失点という大ピンチを招いたりと軽率なミスも目立ったのが残念ではあった。

 最後尾に控えるGKは、味方を安心させる存在であることが大切だ。その点でイタリア代表GKブッフォンは群を抜く。

 いくつかのシーンが紹介されたのだが、例えばクロスボールに対する反応。とにかく最初のポジショニングにミスがなく、相手の狙いを読み切ってスムーズに落下点に移動するので、誰よりもタイミングよくボールへとアプローチをすることができる。ボールをキャッチしてからも何事もなかったかのようにクールに次のプレーへと移行していく。経験に裏打ちされた安定感のあるプレーぶりにはダニエルもロイも舌を巻いていた。

 さて、こうした分析は、GKトレーニングにどのように反映されるべきなのだろうか。ダニエルは「例えばブラジルW杯においてGKのアクション数は平均26回。そのうちのほとんどはGKが直接関与しなくても大丈夫なプレーだった。シュートやセンタリング、1対1といったGKが防がなければならないプレーは1試合平均8〜16回あり、このプレーの質と精度を上げることが重要となる」と語り、壇上でちょっとしたデモンストレーションをして見せた。

 ロイがボールを手に持ち、そこからドロップキップ。ダニエルが両手でがっちりとキャッチしたのだが、これはどういうことなのか。周りの参加指導者と一緒に次の展開を見守っていると、「これは非常にオーソドックスなGKトレーニング。みなさん自身もやったことがあるでしょう。では聞くが、試合の中でこれと同じようなシーンがあるか? ないのだ。手で持ったボールを落としてドロップキックされたボールを処理するシーンは試合中に一度としてない!」と激しく指摘した。

実践的なコーチングのできる状況が非常に大切

 この練習自体を否定しているわけではない。だが盲目的にルーティンワークのように繰り返し行うだけではなく、本当に試合で起こりうる動き・プレーにはどんなものがあり、それをどのように練習に落とし込むのかを考えなければならないと訴えているのだ。

 ダニエルはさらに続ける。

「GKのトレーニングには監督の理解が大切なのだ。よくフィールドプレーヤーだけでパス回しやボールキープの練習をして、その間GKはGKコーチのもとで別メニューという形がとられる。GKの練習になるためにGKコーチはシュートがうまいことが求められている傾向があるが、GKコーチはシュートマシーンではない。コーチなのだ。

 つまり重要なのはコーチングなのだ。そうであるならば、トレーニング中からボールの位置次第でのポジショニング、味方選手への声かけ、飛び出すタイミングなどと実践的なコーチングのできる状況が非常に大切になる。それこそがGKコーチの大事な仕事なのではないか」

 他国がうらやむGK大国のドイツだが、それでも現状に満足しているわけではない。改善できるところはまだまだあると様々な取り組みを積み重ねている。GKだけではなく、ドイツをブラジルW杯優勝に導いたタレント育成プロジェクトもさらにチューンナップが施されている。だが、彼らの出発点はいつでもシンプルだ。ピッチの上で起こる現象から掘り下げていく。サッカーはどこまでいってもサッカーなのだ。今の日本に一番大切なのはそのことではないだろうか。

(取材・文:中野吉之伴【ドイツ】)