森山監督を抜擢した原博実氏「育成スペシャリスト監督になる可能性は十分ある」

 アジア選手権を勝ち抜き、見事U-17W杯の切符を手にしたU-16日本代表。日本サッカーの重鎮はどのようにこのチームを見たのか。森山監督を抜擢したJリーグ副理事長の原博実氏、JFA技術委員長の西野朗氏に話を聞いた。(取材・文:元川悦子【ゴア】)

——————————

 2014年のU-16、U-19世代のアジア最終予選で揃って敗退し、「育成の危機」が叫ばれていた日本サッカー界。90年代から2000年代にかけては、年代別代表が世界大会に連続出場することで優れたタレントが育ち、A代表のW杯連続出場という好結果がもたらされていた。

 その循環を途切れさせないためにも、今回の2016年AFC・U-16選手権(インド・ゴア)での4強入り、U-17W杯出場権獲得は至上命題だった。森山佳郎監督と選手たちはその重圧を跳ね除け、キッチリとノルマを果たしてくれた。

 森山監督の抜擢に携わったのが、かつて日本サッカー協会技術委員長を務めていた原博実Jリーグ副理事長である。JJP(JFA=日本サッカー協会/Jリーグ協働プログラム)の一環で、Jクラブのユースダイレクター・育成指導者22人とともに現地を訪れ、大一番を興味深く観戦した同氏は、森山監督の手腕を改めて高く評価した。

「彼は広島(ユース)で結果出していたので、当然、そういう人を代表監督にしていこうと考えた。彼は現場が好き過ぎて(笑)、S級に行かないという話を聞いていたんで、僕が広島と話して『いずれは代表監督にしたい』と要請した。ただ、当時のU-17代表は吉武(博文=現FC今治監督)が指揮していた。

 吉武は森山とは全く違うタイプで吉武のよさもあるんで、森山にはまずS級を取りながらアシスタントコーチとしてやってもらい、今回のU-16代表を見てもらうことにした。その流れでいい感じでここまで来て、世界大会出場を決めてくれた。森山には育成スペシャリストの監督になる可能性は十分ある。また彼のよさをどんどん出したチーム作り、指導をやってもらいたい」と原副理事長は前向きに語っていた。

西野朗氏「今回の彼らも十分着実に伸びていけるようなタレント」

 今大会の第2戦・キルギス戦(19日)から現地入りし、団長としてずっとチームに帯同してきた日本サッカー協会の西野朗技術委員長も森山監督の卓越したモチベーションコントロールには特筆すべき点があると話していた。

「森山監督の選手へのアプローチは本当に素晴らしい。厳しいけれども、どこか緊張感を解く。選手1人ひとりがプレッシャーから解き放たれるような話、持っていき方、そういうことが非常にうまいなと思います。

 僕はまだ(技術委員長になって)短いんで、1年半かけてきた積み重ねの全ては伝えられないけど、逆に短期間でも雰囲気作りやモチベーターとしての存在感は感じる。育成ではそこが一番大事なところ。

 この世代には当然いい選手はいるけど、彼らを次のステージに上げるためには厳しさもあるし、サッカーの本質的な楽しさ、素晴らしさも伝えないといけない。そこをよくやっていると感じている」と、かつて自身もU-19、U-23代表監督として代表強化に携わった経験を踏まえて、西野氏は森山監督へ賛辞を贈る。

「戦う気持ちや闘争心を伝えさせたら日本一」と言っても過言ではない森山監督に率いられた2000年生まれ以降のこの世代は、近年稀に見るタレント集団だ。西野技術委員長も「(79年生まれの)黄金世代を彷彿させるようなタレントというか、ポテンシャルはホントに感じます」と率直な感想を口にする。

「チームとしてもそうだし、個人としても高いタレント持っている。そういう選手たちが本大会に行って、世界基準を知ったうえで、どんなパフォーマンスを取れるかが大事ですね。実際、世界を見ると、18、19の選手でもしっかり戦っているし、日本でもそういう選手がどんどん増えていかなきゃいけない。

 起用していく中でどんどん成長もできる年代でもあるし、今回の彼らも十分着実に伸びていけるようなタレントでもある。年齢が足りないとかそういうことは全く感じさせない」と、インドの地で堂々と戦っている福岡慎平(京都U-18)、瀬古歩夢(C大阪U-18)、平川怜(FC東京U-18)ら主力選手たちに大きな手ごたえを感じているようだった。

久保へのエール「人とは違う仕事ができる部分をどんどん伸ばしてほしい」

 こうした中、やはり気になるのは、久保建英(FC東京U-18)の今後だ。森山監督がメディアに対してたびたび警鐘を鳴らしているように、若い才能が出てくると騒ぎすぎるのが日本人の常。

 U-16年代のスターがそのままA代表の主力になった例も少ないだけに、久保への高すぎる注目度が関係者にとって気がかりなのも、よく理解できる。そういうことを踏まえつつも、原副理事長は「人とは違う仕事ができる部分をどんどん伸ばしてほしい」とエールを送っていた。

「彼のことはFC東京でも、鳥取(JFAインターナショナルドリームカップ)でも見ました。注目されているけど、そういうのを跳ね返して、こじんまりしないで、彼のひらめきとかかわしていく力、左足だけかと思ったらこの前右足でも決めてたりとか、ああいうボールの持ち方っていうのは独特なものがありますんで、そこは大事にしてほしい。

 特にペナルティエリアの中で人と違う仕事をできる部分をどんどん伸ばして、FKであったり、武器をどんどん伸ばしていってほしいなと思います。

 もちろん、彼だけじゃなく、本当に個性的な選手、ストライカーであったり、ストッパーであったり、GKであったりってところに個の大きな選手が出てきてくれればっていう気持ちはありますね」

 原副理事長にしても、西野技術委員長にしても、今回のU-16世代から数多くのA代表が出てきて、日本サッカーを大きく変えてくれればいいという思いは一緒だ。それを森山監督や選手たちにはしっかりと受け止め、まずは今大会でアジアチャンピオンの座をつかむことが重要だ。

 そして、彼らの戦いを現地視察した多くの関係者が情報を共有し、よりタフで戦える逞しい選手の育成につなげていってもらいたい。

(取材・文:元川悦子【ゴア】)