現地時間27日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージの試合が行われ、トッテナムはCSKAモスクワと対戦し1-0の勝利をおさめた。この試合で韓国代表FWソン・フンミンはフル出場を果たし決勝ゴールを決めている。

 試合開始して71分、DFの間に入っていたフンミンが上手いタイミングで縦パスを受けてシュートを放つ。相手GKに触れられたもののボールはそのままゴールに吸い込まれトッテナムに1点が入った。

 現地時間24日に行われたミドルスブラ戦で2ゴールを決めたのに続き、これが公式戦2戦連続ゴールとなっている。絶好調のフンミンは現時点で今季公式戦5得点を記録。そして、この得点が決勝点となりトッテナムが1-0の勝利をおさめている。