独走が予想されるも、意外な失速

 リーグアンに“異常事態”が起きている。圧倒的な資金力を武器に、近年のフランスサッカー界を席巻してきたパリ・サンジェルマン(PSG)が、第7節で早くも今季2敗目を喫したのだ。この失速を受けて、ウナイ・エメリ監督に対する非難の声が高まっているが、その一つには“天才”ベン・アルファの起用法への疑問がある。(取材・文:小川由紀子【パリ】)

——————————

 9月23日に行われたリーグアン第7節でPSGはトゥールーズに2-0で敗れ、第3節のモナコ戦に続いて早くも今季2敗目を喫した。

 前任者のロラン・ブラン監督のもとで36試合連続無敗記録を打ち立てた彼らにとってこれは「異常事態」。国内メディアは大騒ぎしているが、実際のところ、PSGは危機的状態にあるのだろうか?

 プレシーズンのテストマッチでは、レアルマドリーやインテルミラン、プレミア王者のレスターシティ等を相手に全戦全勝、シーズン開幕を告げるスーパーカップでもリヨンを4-1で下して、「また今季もPSGの独走か……」という空気が漂っていただけに、開幕後のこの失速は意外でもあった。

 非難の矛先は、言わずもがな、新監督のウナイ・エメリに向けられているが、とりわけ「ちょっと騒ぎ過ぎでは?」というほど取り沙汰されているのが、今夏のメルカートで獲得したハテム・ベン・アルファの起用法についてだ。

 エメリは彼にとっての公式戦初采配、スーパーカップの対リヨン戦で、サイドあるいは1.5列目を主戦場とするベン・アルファをセンターフォワードで起用した。コパ・アメリカに参戦して合流が遅れ、まだ調整が不十分だったウルグアイ人FWカバーニが欠場したためでもあるが、この試合ではゴールを決めたものの明らかに不慣れなポジションに戸惑うベン・アルファを、エメリは翌週の開幕戦、対バスティア戦でも同じポジションで使った。

 しかしこの試合で活躍がないと次戦では先発から外し、第4節のサンテティエンヌ戦では右サイドで先発に戻すも68分にカバーニと交代させると、それ以来、チャンピオンズリーグのアーセナル戦も含めて一切使っていない。

 一戦、一戦、ベン・アルファの名前がチームシートにない試合が続くと、メディアも騒ぎ出した。エメリはいったい、わざわざ獲得したこの新戦力をどうするつもりなのか?

有力フランス人が出場しないことへの懸念

 ベン・アルファの移籍発表はエメリが着任した後のことだ。よって彼の獲得には、新監督の意見も反映されていると思うのが普通だ。しかし彼は、バスティア戦前の会見でこう話している。

「正直、彼のベストポジションを計り兼ねている。チーム全体のバランスや、彼のフィジカルコンディションを考えると、今はセンターフォワードで使うのが一番の解決策だと思う。彼にはもっとディフェンスやプレスでも貢献してもらいたいんだが……」

 この「ベストの起用法がわからない」という発言に、指揮官自らが欲して獲得した戦力ではないのはないか、という疑念が噴出した。

 フランスメディアは「ベン・アルファを獲得したのはアル・ケライフィ会長」と報じ、CLのアーセナル戦で彼の名前がチームシートになかった時には会長がエメリ監督に激怒した、というニュースも流れた。

 激怒うんぬんの信ぴょう性は定かではないが、会長がベン・アルファを獲得した心理は推測できる。

 今夏、ロラン・ブランを解任したことで、PSGはフランスのクラブたる絶大なシンボルを失った。主力はほとんどが外国人選手というチームにあって、98年W杯勝者のブラン監督が指揮官であることは、PSGがフランスを代表するクラブである証でもあった。しかし彼がクラブを去り、さらに夏のメルカートではフランス代表のマテュイディにもユベントス移籍の噂が持ち上がった。もし実現すれば、ピッチ上に一人もフランス人の有力選手が並ばないという事態も起こりうる。

「彼はドリブルばかりしている」

 昨季17得点を挙げてニースの4位という好成績に大きく貢献、フランス代表にも復帰して、一躍脚光を浴びていたベン・アルファの獲得には、シンボルとなれるフランス人をクラブに置きたい会長のマネージメント戦略が見え隠れするのだ。

 しかし純粋にスポーツ的戦略のみでメンバーを選んでいるエメリとしては、ベン・アルファを外すことには正当な理由がある。報道陣からの「なぜベン・アルファを使わないのか?」という執拗な問いに、第5節のカーン戦前の会見で彼はその理由を明言した。

「彼を呼ばないのはベストの状態ではないから。そもそも太りすぎだ。招集の話は彼が余分な19キロを落としてからにしようじゃないか。それまでは、よりコンディションの良い選手を使う。

 実際、彼の馴れなれしい態度も好ましくない。昨日の練習ではわたしに股抜きをしかけてきたが、そういう態度は感心しないね。とはいえ、彼に対してとくに反感を持っているというようなことはまったくない。それと、彼はドリブルばかりしているから、もっとチームプレーを意識するようにと話した……」

 つまりオーバーウェイトで、ディフェンスをおろそかにし、ドリブルなど個人プレーに走ってチームプレーをしない。コンディションとプレースタイルの両方でエメリは彼に納得していないということだ。

 ニースでピュエル監督がベン・アルファをうまくこなせていたのは、彼にディフェンスを求める、個人プレーを制限する、といったことをしなかったからだ。ひらめきでプレーする天才肌のこの選手にそんなことを強いても土台無理。ならば彼の能力を引き出せるやり方でプレーさせ、チームがその恩恵を得ることを選択する。それがピュエルの操縦法であり、見事成功してベン・アルファは大活躍した。

CLで5試合ぶりにメンバー入りするも負傷欠場

 しかしエメリは違う。あくまで自分の哲学に合った選手を求める。練習中にドリブルを多用するベン・アルファにエメリは、「君はメッシじゃないんだぞ。君は一人でゲームを変えられるような選手ではない」と言い放ったというが、ピュエルはそのエメリの方針について次のように語り、懸念をのぞかせる。

「それぞれの監督に自分のやり方がある。彼をうまく扱うには、ある種の手法が必要だ。それがPSGでも可能かどうか……。ベン・アルファには、イブラと似た様な反抗心、気性がある。よって、彼を使いこなすには、彼を中心にチームを作り、彼を最適なコンディションに置いておく必要がある。でなければ、彼の才能を使いこなすことなく終わってしまうこともありうる」

 実際、絶滅危惧種のこのファンタジスタがここで潰れる可能性も大いにある。連日、この件に関してメディアにはいろいろな関係者のコメントが登場しているが、その中の一人、リヨン時代のチームメイト、元フランス代表のシドニー・ゴブーはレキップ紙に寄せたインタビューでベン・アルファを鼓舞した。

「プレーしたいなら、とにかく一生懸命努力して、自分がパストーレやルーカス、ディ・マリアよりも上なんだと認めさせるしかない。エメリは確固とした哲学をもつ監督で、彼がそれを変えることはおそらくないが、最高のコンディションにある選手を使わない指揮官は存在しない」

 その言葉が本人の耳に届いたかのように、28日のチャンピオンズリーグ第2節、対ルドゴレッツ戦でベン・アルファは5試合ぶりにメンバー入りを果たした。だが練習中にふくらはぎを痛め、無念の欠場となってしまった。本人はプレーできると言い張ったらしいが、結局はメディカルスタッフの判断に従うことになった。

「イブラ・ロス」の影響は小さくない

 この症状は疲労性のものらしく、「監督にアピールしようとハードに練習しすぎたためではないか」という憶測も飛んでいるが、リヨンでの駆け出し時代をベン・アルファとともに過ごした旧友はサッカー情報サイトFOOT MERCATO上で、実は勤勉なベン・アルファの一面を明かしている。

「エメリ監督には彼なりの哲学があるんだろう。けれど、ハテムが練習をおざなりにしているというような報道を耳にするたびに笑ってしまうよ。僕は彼を身近で見ていたけれど、彼がいかに人の見ていないところで練習をやっているかを知っている人は少ない。彼と同じくらい練習している選手は、リーグ1でプレーしている選手の4分の1もいないんじゃないかな」

 これはただの邪推ではないかもしれない。

 ベン・アルファ以外にも、メルカート最終日に古巣チェルシーへ舞い戻ったセンターバックのダビド・ルイスは、プレシーズン中に「ヒエラルキーはチアゴ・シウバ、マルキーニョス、ダビド・ルイスの順」というエメリの方針を知ってPSGを去ることを決めた。

 前任者のもとでは絶対スタメンだったマテュイディもエメリから評価されておらず、アーセナル戦ではいきなり左ウィングで使われるといった起用法にも困惑し、PSGを去るのは時間の問題と言われている。

 またエメリは、「選手全員に競争を課す」という方針を打ち出し、これまでの主力にも一切のアドバンテージはないことを明確にしたことで、一部の選手からは不満の声がもれているという話も聞こえてくる。

 そしてやはり、ここ数年チームの中心にいたイブラヒモビッチが抜けた穴、「イブラ・ロス」は小さくない。エメリは自分の哲学に基づいてPSGを自分のチームに変革しようとしている。今シーズンが終わる頃、その成果はどういう形で現れているだろうか。

(取材・文:小川由紀子【パリ】)