元イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリ氏が、2年ぶりにチームを率いに戻って来るようだ。28日にイタリアの『ジャンルカディマルツィオ.com』が報じている。

 プランデッリ氏はバレンシアと2年契約を結ぶことになるようだ。1週間前から始まった同氏の代理人とバレンシアとの交渉が合意に至り、現在詳細を詰めている段階だと報じられている。

 バレンシアは、今月の20日に今季のリーグ戦で全敗を喫したパコ・アジェスタラン監督を解任。その後クラブは後任監督として国際経験が豊富な指揮官を探しており、候補者リストの中で最上位に名前が書かれていたプランデッリ氏を後釜として選択したという。

 スペインの地で指揮を執ることは、プランデッリ氏にとって自身初挑戦となる。これまでフィオレンティーナパルマ、そしてイタリア代表で指揮をして来た同監督は、2014年の7月8日に初めて国外のクラブであるトルコの強豪ガラタサライの指揮官に就任。しかし、クラブの期待とは裏腹にチャンピオンズリーグのグループリーグで最下位で敗退したため、11月27日に解任されている。