現地時間28日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージの試合が行われ、バイエルン・ミュンヘンはアトレティコ・マドリーと対戦し0-1の敗戦を喫した。この結果を受けてバイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は反省点を述べたと、28日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

 試合開始して35分、アトレティコは早いパス回しで前線までボールを運び最後はヤニック・フェレイラ・カラスコがゴールを決めて先制。結局、その得点が決勝点となりアトレティコが1-0の勝利をおさめている。アンチェロッティ監督にとっては就任以来初の敗戦となってしまった。

 試合についてアンチェロッティ監督は「我々は十分な決意を持ってプレーできなかった」とし、「我々はあまりにも簡単にボールを失い、カウンター攻撃によって自滅した。また、我々はビルドアップするのが遅く試合を支配していたものの展開が遅かった」と、試合の反省点を述べている。