日本サッカー協会(JFA)は29日、ロシアワールドカップアジア最終予選のイラク戦(ホーム)およびオーストラリア戦(アウェイ)に向けた日本代表メンバーを発表した。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は26名を招集。GKには今季リーグ戦でいまだ出場機会のない川島永嗣が選出となり、鹿島の永木亮太はA代表には初招集となった。

 招集メンバーは以下の通り。

▼GK
西川周作浦和レッズ
東口順昭(ガンバ大阪
川島永嗣(FCメス/フランス)

▼DF
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
太田宏介(フィテッセ/オランダ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
槙野智章(浦和レッズ)
森重真人(FC東京)
丸山祐市(FC東京)
植田直通(鹿島アントラーズ)

▼MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
柏木陽介(浦和レッズ)
永木亮太(鹿島アントラーズ)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
清武弘嗣(セビージャ/スペイン)
大島僚太(川崎フロンターレ)

▼FW
本田圭佑(ミラン/イタリア)
小林悠(川崎フロンターレ)
宇佐美貴史(アウグスブルク/ドイツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

 FIFAランク56位の日本代表は10月6日にホームでイラク代表(FIFAランク:79位)、11日にオーストラリア代表(FIFAランク:45位)とのアウェイ戦に乗り込む。

 日本は2試合を終えて1勝1敗の勝ち点3でグループ3位。イラクは2連敗で5位に沈む一方、オーストラリアは2連勝で首位に立つ。アウェイに乗り込む一戦ではあるが、勝ち点を掴んで上位浮上といきたいところだ。

【グループB 順位表】
1.オーストラリア(6)
2.サウジアラビア(6)
3.日本(3)
4.UAE(3)
5.イラク(0)
6.タイ(0)
※()内は2試合終了時点の勝ち点
※上位2チームがワールドカップ出場権を獲得。3位チームはアジアプレーオフに回る。