29日付のイタリア紙『トゥットスポルト』は、欧州でプレーする若手選手の中から1年間に最も印象的な活躍を見せた選手に贈られる”ゴールデンボーイ賞”の候補40名を発表した。

 2003年に設立されたゴールデンボーイ賞は、欧州各国の有力メディアによる記者投票で受賞者が選出される。過去にはマンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニー(2004年)やバルセロナのFWリオネル・メッシ(2005年)、ユナイテッドのMFポール・ポグバ(2013年、当時ユベントス所属)など錚々たる顔ぶれがこの賞を受賞しており、選ばれた選手が次世代のトップスターとなる可能性は非常に高いと言える。

 40名の候補には、すでにトップレベルでの活躍を見せている選手も多い。今年ユナイテッドで衝撃的なデビューを飾ったFWマーカス・ラッシュフォードや、EURO2016でも活躍したバイエルン・ミュンヘンのポルトガル代表MFレナト・サンチェス、レアル・マドリーで先発の座を勝ち取っているMFマルコ・アセンシオ、17歳にしてミランの不動の守護神となったGKジャンルイジ・ドンナルンマなどが名を連ねた。

 発表された40名の候補は以下の通り(カッコ内は所属クラブ)。

デレ・アリ(トッテナム)
マルコ・アセンシオ(レアル・マドリー)
レオン・バイリー(ゲンク)
リーヘドリー・ バズール(アヤックス)
ガブリエル・ボスキーリャ(モナコ)
ユリアン・ブラント(レバークーゼン)
カルロス・フェルナンデス(セビージャ)
アンドレアス・クリステンセン(ボルシア・メンヒェングラッドバッハ)
キングスレー・コマン(バイエルン・ミュンヘン)
アンテ・チョリッチ(ディナモ・ザグレブ)
アマドゥ・ディアワラ(ナポリ)
マフムード・ダフード(ボルシア・メンヒェングラッドバッハ)
ダニーロ・バルボサ(ベンフィカ)
ムサ・デンベレ(セルティック)
ウスマン・デンベレ(ボルシア・ドルトムント)
ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
ブレール・エムボロ(シャルケ)
ガブリエル・バルボサ(インテル)
アレクサンドル・ゴロビン(CSKAモスクワ)
ゴンザロ・グエデス(ベンフィカ)
デマライ・グレイ(レスター・シティ)
マルコ・グルイッチ(リバプール)
アレン・ハリロビッチ(ハンブルガーSV)
ケレチ・イヘアナチョ(マンチェスター・シティ)
アレックス・イウォビ(アーセナル)
ビクトル・コバレンコ(シャフタール・ドネツク)
ルベン・ロフタス=チーク(チェルシー)
リュカ・エルナンデズ(アトレティコ・マドリー)
エマヌエル・マンマナ(リヨン)
ナタン(フィテッセ)
オリビエ・ヌチャム(ジェノア)
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
レナト・サンチェス(バイエルン・ミュンヘン)
ヤイロ・リーデバルト(アヤックス)
ルベン・ネベス(ポルト)
アントニオ・サナブリア(ベティス)
レロイ・ザネ(マンチェスター・シティ)
ヨナタン・ター(レバークーゼン)
ユーリ・ティーレマンス(アンデルレヒト)
アルマミー・トゥーレ(モナコ)