アラダイス退任に追い込んだ“おとり取材”

イングランド代表のサム・アラダイス監督は、『テレグラフ』紙のおとり取材によってその愚行を暴かれ、在任わずか67日で退任することとなった。それでは、アラダイス監督が犯した“愚行”と退任まで追い込んだ『テレグラフ』紙のおとり取材とは何なのだろうか。現地記者がその“深い闇”を解説する。(取材・文:山中忍【ロンドン】)

—————————-

「してやられた」。

 英国時間の9月27日夜にイングランド代表監督退任を余儀なくされたサム・アラダイスは、ボルトンにある自宅前に集まった報道陣を前に語った。自ら「監督としての夢」と評した代表での任期は僅か67日間。采配は2018年W杯予選1試合でしか振るえず。翌日の報道では、「悔やんでも悔やみ切れない様子だった」とする知人のコメントも紹介された。それでも、アラダイスに同情を寄せる気にはなれない。

 同情の余地がないとは言わない。ごく一部ではあるが、メディアでもFA(イングランドサッカー協会)はアラダイスを続投させるべきだったとの意見はある。

 何に「やられた」のかと言えば、『テレグラフ』紙のおとり取材。同紙が昨年から行っていたという国内サッカー界汚職調査の一環として、記者が極東で代理人ビジネス参入を狙う実業家に扮して接触した。本稿執筆時点(編注:現地時間28日)で確認可能な情報の範囲で言えば、映像証拠つきの言動にも監督としての契約違反は見受けられない。

 選手保有権の第三者取得を禁ずるFAのスタンスを「馬鹿げている」とする発言は、南米のように他国では認められているケースがあることを考えれば、あり得ない意見ではない。「かいくぐる方法はある」と認識している現場の人間は他にもいるだろう。

 40万ポンド(約5600万円)でのアドバイザー契約は「FAの承認が必要になる」と伝えている。「ウォイ」と呼んでロイ・ホジソン前監督の舌のもつれるような喋り方を茶化す人物は他にもいる。『サン』紙などは見出しに使ったこともあるほどだ。

 EURO2016でのホジソン采配を「決断力不足」と評した人物もアラダイスが初めてではない。FA総裁であるウィリアム王子の観戦率、新ウェンブリー建設の意義、代表前助監督ガリー・ネビルの存在、代表選手の精神面などに関する否定的な見方に関しても同じことが言える。

あまりに愚かな言動。「夢の仕事」も67日間で幕

 加えて、問題のミーティングは旧知の代理人を介してアレンジされたもので、いきなり謎のビジネスマンの誘いに乗ったわけではない。そして、全てはプライベートと認識した上での発言。数少ないアラダイス同情派に言わせれば、辞任に追い込まれる絶対的な理由は1つも見当たらないということになる。

 しかし、全ては「愚か」の一言だ。この点は本人も認めている。雇い主であるFAが、名誉ある代表監督として弁解も続投も不可能と判断するモラル的な理由としては十分だ。

 おとり取材というと聞こえは良くないが、今回の『テレグラフ』紙による取材は最大8名のプレミアリーグ監督を含む賄賂疑惑に迫るという、内容も意義もある類い。単なる話題性欲しさでひっかけたわけではない。

 そもそもアラダイスは、移籍ビジネス関連の話など自ら敬遠しているべき人物のはずだ。罪は問われなかったとはいえ、10年ほど前にFAも調査に乗り出した賄賂疑惑騒動で、当時は代理人として活動していた実子と共に渦中の人となった過去を持っているのだから。

 その上、今回は基本給だけで年間300万ポンド(約4億2000万円)の報酬を得る代表監督の職に就いていた。しかも、候補止まりだった2006年の監督交代時から10年越しで手に入れた「夢の仕事」に就いていたはずなのだ。

 にもかかわらず、1度ならず2度までも記者扮する実業家との会合に足を運び、計4時間にも渡って物議を醸す発言を行っている。いずれも軽い気持ちで口が滑ったわけではなく、ミーティングの席で考えて述べた言葉だ。

 その1つである選手の第三者保有禁止に関する「抜け道アドバイス」は、移籍ビジネスにおける不透明さを弱めて誠実さを強めんとするFAを敵に回すような行為だと言える。総裁としてのウィリアム王子に対する批判も同様。FA役員は英国王室との関係に誇りを持っている。

FAにも落ち度。過去の前例を活かせず

 但し、FAにも落ち度はあった。賄賂疑惑騒動の過去を持つアラダイスであれば、余計に今年7月の監督指名時に忠告を与えておくべきだった。その結末が辞任であれ解任であれ、イングランド代表には「強欲」と顰蹙を買った監督の前例が複数あるのだ。

 ドン・レビーが2万ポンド(約280万円)の年俸アップでUAEに去ったのは1977年。98年にはグレン・ホドルがフランス大会での暴露本を出版。06年W杯前にはスベン・ゴラン・エリクソンが、『ニューズ・オブ・ザ・ワールド』紙のおとり取材でアストンビラの監督職に興味を示し、続くドイツ大会前には、ファビオ・カペッロが『カペッロ・インデックス』なる選手評価システム絡みのビジネスに手を染めた。

 今回の「アラダイス事件」による被害者と言えば、2ヶ月程度の超短期で新監督を失った代表チームと、そのファンである母国民になる。アイスランド戦でのEURO2016敗退で嘲笑されたイングランドは、ピッチ外でも世界の物笑いの種になってしまった。『BBC』のインタビューで、元代表エースのアラン・シアラーが「一連の出来事全てに怒りを覚えている」と憤慨するのも無理はない。

 U-21代表を率いていたガレス・サウスゲイトによる、年内残り4試合の暫定指揮は無難な選択ではある。

 世間で不要論が強まるウェイン・ルーニーの扱い、ハリー・ケインの負傷欠場といった厄介な問題はあるが、幸い、担当する4試合中のW杯予選3試合ではスコットランドが最も手強いと思われる程度で、組分けに恵まれた予選グループにいる。正監督昇格へのオーディションと位置付ければ暫定指揮は更に有益ということになる。

大穴候補のヴェンゲルと国産有望株のハウ。次期代表監督は?