フランスサッカー連盟(FFF)は29日、来月開催されるロシアワールドカップ欧州予選の2試合に臨むフランス代表メンバーを発表した。

 アスレティック・ビルバオに所属する22歳のDFエメリック・ラポルトは、ディディエ・デシャン監督により初の代表招集を受けた。サミュエル・ウンティティ(バルセロナ)やアディル・ラミ(セビージャ)が負傷で離脱していることもあり、その穴を埋める形だ。

 U-21などフランスの各年代の代表チームでプレーしてきたラポルトは、バルセロナなど多くのビッグクラブからの関心が噂されてきた有望株だが、まだA代表にはデビューしていない。スペイン代表も同選手を招集することに関心を示しており、本人もスペイン国籍取得に向けた手続きを開始するとも報じられていた。今回の招集に応じ、公式戦であるW杯予選に出場すれば、スペイン代表を選択することは完全に不可能となる。

 フランス代表は10月7日にブルガリア代表と、10日にオランダ代表と対戦する。招集メンバーは以下の通り(カッコ内は所属クラブ)。

▽GK
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン
ウーゴ・ロリス(トッテナム)
スティーブ・マンダンダ(クリスタル・パレス)

▽DF
リュカ・ディーニュ(バルセロナ)
ローラン・コシエルニー(アーセナル
レーバン・クルザワ(パリ・サンジェルマン)
エメリック・ラポルト(アスレティック・ビルバオ)
ジェレミー・マテュー(バルセロナ)
バカリ・サニャ(マンチェスター・シティ)
ジブリル・シディべ(モナコ)
ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー)

▽MF
ヨアン・キャバイエ(クリスタル・パレス)
エンゴロ・カンテ(チェルシー
ディミトリ・パイェ(ウェスト・ハム)
ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
ムサ・シッソコ(トッテナム)

▽FW
キングスレー・コマン(バイエルン・ミュンヘン)
ナビル・フェキル(リヨン)
ケビン・ガメイロ(アトレティコ・マドリー)
アンドレ=ピエール・ジニャック(ティグレス)
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
アントニー・マルシアル(マンチェスター・ユナイテッド)