26人を招集したハリルホジッチ。欧州組のほとんどは試合に出られず

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、W杯アジア最終予選のイラク戦およびオーストラリア戦に向けて通常よりも3人多い26人の選手を招集した。欧州組に前回からの落選はおらず、さらにはほとんどが所属クラブで試合に出場できていない。なぜハリルホジッチ監督はなぜこのようなメンバー選考を行ったのか。そこには指揮官が抱える事情があった。(取材・文:河治良幸)

——————————

「このリストを作るのは簡単ではなかった」

 アジア最終予選の10月シリーズに向け、ハリルホジッチ監督は26人の選手を招集した。通常1試合にベンチ入りできるメンバーは23人であり、3人多い計算になるが、DFの3人(吉田麻也森重真人酒井宏樹)がイエローカードをもらっており、2試合目に出られなくなる可能性があること、怪我人が出た時の備えを主な理由にあげた。

「あとは戦術のチョイス、特にフィジカル面で、ホームとアウェーで使い分けないといけない」

 そう語った指揮官だが、それらの理由に増して大きく影響していると考えられるのが、欧州組の大半がクラブで試合に出られていないことだ。前回は24人が選ばれた(長友佑都槙野智章が怪我で辞退したため、遠藤航と丸山祐市が追加で招集。さらに昌子源が離脱し、植田直通が追加された)が、そこから14人の欧州組は1人も外れないまま、フランスのメスに所属するGK川島永嗣が加わる形となった。

「プレーしていない選手、彼らを外したら他に誰が代わりにいるかといったことも考えなければいけない」

 そこにはハリルホジッチ監督の彼らへの強い信頼と同時に不安も見え隠れする。15人のうち、週末のリーグ戦で試合に出たのは原口元気(ヘルタ・ベルリン)、酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルガーSV)、浅野拓磨(シュトゥットガルト)の4人だけ。香川真司、岡崎慎司、清武弘嗣の3人はミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグでも出番が無かった。ヨーロッパリーグで吉田麻也(サウサンプトン)と武藤嘉紀(マインツ)が先発出場したが、それでも9人が出られていない。

 DF、MF、FWのそれぞれに“試合に出ていない選手”がいる。そんな状況でも彼らを外すことができない理由として指揮官は「海外で行われているフットボールと日本で行われているフットボールには歴然の差がある」と語り、走行距離の資料を掲げて国内組だけで臨んだ東アジア杯の走行距離が最も低い数字であったことを事例にあげた。

少ない準備期間。ハリルJが抱える“事情”

 ただ、選手のフィジカルコンディションが低いまま出場すれば、欧州組であろうとこうした数字は下がるだろうし、パフォーマンスが低下するはず。そう考えると準備期間が少なく、チームとして再構成する余裕が無いことが大きな理由ではないか。

 前回の合宿ではUAE戦から2日前の火曜日に45分間の戦術練習で9つのテーマを行ったというが、本来は10日かかるものだと指揮官は主張する。しかもそれは代表の経験者がほとんどを占めるメンバーを相手にしたものであり、そうでなければ1から教えなければならないのだ。しかも、短い期間でセットプレーの練習は、2試合目のタイ戦に向けてすらほとんどできていなかった様だ。

 最終予選に入ってしまうとメンバー固定になりがちな傾向は、ブラジルW杯を目指していた時も同じだった。やはり短い準備期間で2試合ずつ消化して行く事情にあって、フレッシュな選手の起用は限定的になってしまう。今回はMFの国内組の永木亮太(鹿島アントラーズ)が初めて正式に選ばれたが、DFとFWは全く変わらないメンバーとなっている。それは欧州組を含め、新しい選手と入れ替えにくい事情がメンバー選考に働いているのだろう。

 だが実際に2試合を想定すれば、出場するメンバーの選択肢を広げておくメリットは大きい。フィールドプレーヤー23人の中から、イラクとオーストラリアに対して最も高いパフォーマンスが見込める先発メンバーをチョイスしていく。その時に誰が出ても戦術面のスタンダードが下がらないようにしたい。そうした意図が、欧州組から誰も外さずに26人とした実情から読み取れるのだ。

ハリルが危惧する「起きてほしくないこと」とは

 しかし、こうした状況が今後も続けば、チームはますます苦しくなっていく。今回は招集が見送られたが、興味深い選手として国内組では長沢駿(ガンバ大阪)などの名前もあがった。バックアップメンバーにはGK林彰洋(サガン鳥栖)の他に齋藤学(横浜F・マリノス)、中村憲剛(川崎フロンターレ)、小林祐希(ヘーレンフェーン)の名前があった。

 11月はまず国内で親善試合があり、ホームのサウジアラビア戦となるため、最終予選の期間にフレッシュな選手にチャンスがあるとすればそこがタイミングになるかもしれない。その時に欧州組の常連メンバーがどういう状況になっているかも選考のポイントになるだろう。

「全員が(戦術の)すべてを把握しなければならない。すべてのトレーニングで、すべてをテストしている。何人かの選手のクオリティーもキャパシティーも理解している。ただ、(所属クラブで)先発をずっと取れなかったら、かなり問題だ。3ヶ月、4ヶ月と出られなかったら、まったく違う問題が起こる。それは起きてほしくないことだが」

 そう語るハリルホジッチ監督だが、まずイラク戦に勝利し、良い流れでオーストラリア戦に臨むこと。今回のメンバーから最適のチョイスで勝利につなげる。その結果なしには次回の展望どころではなくなってしまう。予選突破のために絶対的に結果が求められる戦いに向け、指揮官の勝手知ったるメンバーで臨むことになる。

(取材・文:河治良幸)