W杯最終予選オーストラリア戦、イラク戦に挑む日本代表に選出されたアウクスブルクの宇佐美貴史が怪我を負ったようだ。30日、地元紙『Augsburger Allgemeine』が伝えている。

 30日に行われたアウェイでのライプツィヒ戦の遠征メンバーに招集されていた宇佐美であったが、試合前の最後のトレーニングセッションで負傷。すぐにアウクスブルクへと戻ったとのことだ。

 今回の日本代表に選出されたメンバーでは宇佐美のほか、マインツの武藤嘉紀も怪我による検査を行うとされている。