エンポリ 0-3 ユベントス セリエA 第7節】

 現地時間2日にセリエA第7節が行なわれ、ユベントスはアウェイでエンポリと対戦。ディバラの今季リーグ戦初ゴールとイグアインの2ゴールにより、ユベントスが3-0で勝利を収めている。

 現在5勝1敗の勝ち点15で首位に立つユベントスは、勝ち点4で19位に沈むエンポリに対して主力選手を起用。これにより、守備のBBC(バルザーリ、ボヌッチ、キエッリーニ)がリーグ戦で開幕戦以来6試合ぶりに揃って先発出場した。そして、クアドラードが加入以来始めて先発で起用され、前線はイグアインとディバラが2トップを組んだ。

 ユベントスは開始早々攻める。まず9分にエリア内にフリーでいたケディラがゴール正面でシュートを放ったが、ボールはクロスバーに直撃。そして19分にはクアドラードが右サイドからミドルシュートを放つも、ここはGKに弾かれた。その後にユベントスは何度も相手ゴールを脅かしたが結局得点は奪えず、前半をスコアレスドローで折り返す。

 後半もユベントスの猛攻が続く。すると65分、アレックス・サンドロのアシストからディバラが左足を振り抜く。シュートがゴールに突き刺さり、今季のリーグ戦で決めたディバラの初ゴールでユベントスが先制に成功した。

 これで勢いに火が付いたユベントスは67分、バイタルエリアでボールを受けたイグアインがそのまま独力で持ち込みフィニッシュ。ユベントスがすぐにリードを2点に広げると、さらに70分には、相手のバックパスを奪ったイグアインが3点目を決め勝負あり。

 結局3-0で勝利したユベントスが3連勝を収めて首位の座を維持している。

【得点者】
65分 0-1 P・ディバラ(ユベントス)
67分 0-2 G・イグアイン(ユベントス)
70分 0-3 G・イグアイン(ユベントス)