【セルタ 4-3 バルセロナ リーガエスパニョーラ 第7節】

 スペイン・リーガエスパニョーラ第7節が現地時間の2日に行われ、セルタとバルセロナが対戦。ホームのセルタが4-3で勝利を収めている。

 首位に立っていたレアル・マドリーがエイバルと引き分けに終わったことで、前節終了時点で2位のバルセロナはこの試合に勝てば首位に浮上できる状況だった。だが試合は予想外に失点を重ねる展開となってしまう。22分にはセルタがバルサ陣内でボールを奪い、ショートカウンターからシストが先制ゴール。

 31分には自陣エリア内でのボール奪取から、ロングボールを受けたイアゴ・アスパスが1人で持ち込んで追加点。さらにそのわずか2分後、バルサはまたも不用意なボールロストからセルタに攻撃を許すと、エリア内への低いパスに足を出したマテューが痛恨のオウンゴール。セルタが3点のリードを奪った。

 前半で0-3という予想外の苦境に追い込まれたバルサだが、後半には反撃に転じる。58分にはショートコーナーからのクロスにピケが合わせて1点を返し、さらにその数分後にはアンドレ・ゴメスがエリア内で倒されてPKを獲得。ネイマールが確実に決めて1点差に詰め寄る。

 だが77分には、あまりにもお粗末なミスで再び突き放されてしまう。バックパスを受けたGKテア・シュテーゲンがクリアしようとしたボールは、プレスをかけにきたパブロ・エルナンデスの頭に跳ね返り、そのままゴールの中へ。セルタが4-2とリードを広げた。

 87分には右サイドを突破したデニス・スアレスのクロスから、ピケがヘディングで自身2点目を記録したが、反撃もそこまで。今季2敗目を喫したバルサは4位に順位を落としている。

【得点者】
22分 1-0 シスト(セルタ)
31分 2-0 イアゴ・アスパス(セルタ)
33分 3-0 オウンゴール(セルタ)
58分 3-1 ピケ(バルセロナ)
64分 3-2 ネイマール(バルセロナ)
77分 4-2 パブロ・エルナンデス(セルタ)
87分 4-3 ピケ(バルセロナ)