ミラン、劇的な逆転勝利。本田も「意味のある結果」と喜び

 ミランは現地時間2日、セリエA第7節でサッスオーロとホームで対戦。1-3のビハインドから、見事な逆転劇で4-3の勝利を収めた。日本代表FW本田圭佑はこの試合も出場がなかったが、勝利を喜ぶ一方でイタリアサッカー界に対して苦言を呈した。ミランのファンは少しでも不甲斐ないプレーをすれば容赦なくブーイングを浴びせ、この試合では主将のリッカルド・モントリーボがその標的となった。本田は度々イタリアのファンの在り方に言及してきたが、なぜ彼はファンへの苦言を繰り返すのだろうか。そして、「文化を変える」という大きな理想を掲げた本田は果たしてそれをどのように実現していくのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

—————————–

 後半11分、ミランはサッスオーロDFフランチェスコ・アチェルビに逆転ゴールを許した直後、あっさりと追加点を許した。急成長中のU-21イタリア代表MFロレンツォ・ペレグリーニが華麗なパスワークからエリア内に侵入。そして懐の深いボールコントロールでグスタボ・ロペスを空転させると、そのままシュートをねじ込んだ。

 スタジアムにこだまするブーイング。慌ただしく動くミランのベンチは、後半からアップを命じられていた18歳のマヌエル・ロカテッリを呼び戻した。彼はビブスを脱ぎ、出場を待つ。その時スタンドからは、ベンチにいた本田圭佑が椅子から立ち上がり、何事かロカテッリに話しかけているのが見えた。

 サン・シーロは昨季のCL決勝を迎えるにあたり一部改修されており、ベンチはややスタンドの方に張り出す格好になっている。そのため、若干ではあるが同じスタンドの上方からも少し動きが見えやすくなっているのだ。

 さてそのロカテッリは、CKのこぼれ球をエリア外で拾って芸術的なミドルシュートを決めて3-3の同点へとチームを導いた。さらにその直後にはガブリエル・パレッタが打点の高いヘディングシュートを決めて、ミランは逆転に成功したのである。

 昨季までの展開であれば、ピッチ上に選手たちが悪いムードを引きずり確実に敗れていたところだ。そんな勝ち方をしたチームを、ベンチから見ていた本田は素直に喜んでいた。「もしかしたら今シーズンはすごくいい結果が出るのではないかっていうような、意味のある結果」と、試合後のミックスゾーンに立ち止まって彼は答えていた。

「彼はやっぱりミランを愛してて、本当にミランの一員として勝ちたいという強い気持ちがある」と、以前インテルの長友佑都は本田について語っていた。出場が少なくなっても気持ちは萎えず、チームの一員として勝利を願い盛り立てようとする姿勢に変化はないということだ。

本田が疑問視するイタリアサッカーの在り方

 それだけに腹も立ったのだろう。ロカテッリと交代して下げられた主将のリッカルド・モントリーボにブーイングが浴びせられたシーンには、ファンの姿勢に疑問を覚えそれを隠さずに言った。

 イタリア、というよりミラノの観客(ミラニスタにもインテリスタにも共通する)は結果を厳しく要求しており、不甲斐ないプレーをした場合には躊躇なく味方にブーイングを浴びせる。今回の場合、サポーターからあまり人気のないモントリーボが交代ということになり、余計に憎悪のブーイングが増幅された感がある。

 そういうファンの厳しい目があるからこそ、守備が堅く結果を奪い取ることにしたたかな面を見せるイタリアサッカーが育った面があるのは確かだ。ただ、勝利に飢えすぎたミラノのサッカーファンは、長い目で見るということができず、すぐ選手にブーイングを浴びせる。

 その結果選手は萎縮し、ミスも多くなるという悪循環が起こる。そんな環境の中、萎縮した末に精神的な安定度を欠いた選手は複数おり、それがミラン、インテル両方に共通する不振の原因の一部となっている面がある。

 そんなシーンを散々見せられてきた本田は、ファンの応援のあり方についてこれまでも疑問を隠さなかった。それは、今回も然りだった。果たして「文化を変える」という大きな話が、どのようすれば実現可能と考えているのだろうか。

(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)