かつて東京ヴェルディ浦和レッズで活躍したワシントン氏が、母国ブラジルのアマチュア選手権のECキリリムで現役復帰を果たした。ECキリリムがクラブ公式フェイスブックで発表している。

 ブラジル代表で10試合3得点という成績を持ち、2001年コンフェデレーションズカップにも出場したワシントン氏は2005年に当時J1の東京Vに加入し、33試合22得点を記録。チームがJ2に降格したことを受けて2006に浦和に加入した。

 浦和では2006年にJリーグ優勝、翌2007年にはJリーグ史上初となるACL優勝を成し遂げ、クラブW杯では3位入賞の立役者となったが、そのシーズン限りで退団となった。

 その後はフルミネンセやサンパウロでのプレーし、2011年に持病だった心臓病への懸念から現役を引退。セカンドキャリアでは実業家や市議会議員も務めた。

 ワシントン氏は過去に大きな心臓病を克服していることから、自身の心臓が動いていることを証明するために左胸を叩くゴールパフォーマンスが有名で、母国ブラジルでは「ブレイブハート」として知られているという。

 ブラジルメディア『グローボ・エスポルテ』によれば、ワシントン氏の加入はECキリリムのクラブ創立90周年を記念してのもので、数試合の期間限定契約だと伝えている。

 ECキリリムは公式フェイスブックで「我々は新たな選手に“ブレイブハート”ワシントンの加入を発表できて嬉しく思う。彼はサンパウロやポンチプレッタ、フルミネンセ、そしてブラジル代表でプレーしてきたエースで、日本ではブラジルサッカーの象徴だった。ようこそキリリムへ、ワシントン!」と、41歳で現役復帰を果たした元セレソンのストライカー加入を報告した。