アーセナルは21歳のスペイン代表DFエクトル・ベジェリンに対して契約延長オファーを準備しているが、両者が合意に至るのはもう少し先になるかもしれない。3日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

 同紙によると、アーセナルはベジェリンに対して5年間の契約延長オファーを検討しているとのこと。バルセロナやマンチェスター・シティが同選手の獲得を目指しており、その関心を避ける狙いがあるようだ。ただ、同選手はすぐに返答をせず来年1月まで保留するつもりでいるという。

 ベジェリンはバルセロナのカンテラで育った後ユース時代にアーセナルに移っている。その後、アーセナルでトップチーム昇格を果たし、今ではチームに欠かせない右サイドバックとして成長していた。今季は現在までにリーグ戦7試合に出場し3位につけるチームを支えている。