協会が出した条件。オシムサッカーの「継承」

 アトレティコの躍進を受けて、復活の感がある4-4-2システム。Jリーグで頻繁に採用される一方で、意外にも日本代表ではそれほど使われてこなかった。だが、脳梗塞で倒れたイビツァ・オシム氏から日本代表監督を引き継いだ岡田武史監督は、4-4-2の変形システムである4-2-3-1をベースにチームを作っていった。そして岡田ジャパンは、オシムジャパンとは異なる路線で「日本化」の道を歩んでいくことになる。(文:西部謙司)

——————————

</div>

 イビツァ・オシム監督が脳梗塞で倒れ、岡田武史監督に引き継がれた。技術委員会の選考条件の1つには「オシムサッカーの継承」があった。オシムと岡田は監督としての共通点がなく、そもそも違う監督に「継承」は無理な話である。ただ、岡田監督はオシム前監督の唱えた「日本化」については本気で推し進めようとした。

 当初の戦術は、ヴァンフォーレ甲府などで大木武監督が用いていた「クローズ」と呼ばれたものと似ている。岡田監督は代表スタッフに大木コーチを起用していた。攻撃時にはフィールドを広く使うのがセオリーだが、クローズではボールサイドの半分にほとんどの選手が入ってしまう。あえてサイドチェンジを使わず、狭い地域を攻めきってしまおうという、かなり特殊なやり方だ。

 狭い地域に敵味方が入り込むので、なかなかそこを突破するのは難しい。ただ、サイドの密集から中央より逆サイド寄りへボールが出たときには、決定機に近い状況を作ることができる。また、フィールドの半分に人が集まっているので、ボールを失っても即プレッシャーをかけられる。ラグビーに近い攻防といえるかもしれない。

陣形は変化なく、人選を変更

 日本選手の機敏さやパスワークの良さを生かすという意味では「日本化」ともいえるが、「オシムサッカーの継承」とは何の関係もない。ある意味、岡田監督の最初の日本化は「大木化」だった。しかし、ワールドカップ3次予選のバーレーン戦に敗れると、岡田監督は「俺のやり方でやる」と、俺流宣言をする。そもそも日本化を言い出したオシム監督がやっていたのもオシム化にほかならず、大木化を経て岡田化が始まったわけだ。

 岡田監督は4-2-3-1を基本フォーメーションとした。オシム前監督も4-4-2か4-2-3-1が多かったので、フォーメーションの変化はないが人選は代えている。攻撃的MFとして起用されていた遠藤保仁をボランチへ下げ、長谷部誠と組ませた。このコンビは次のザッケローニ監督の時代にも引き継がれることになる。4バックのセンターは中澤佑二と田中マルクス闘莉王、こちらも岡田監督時代の鉄板コンビとなった。

 攻撃の中心は右サイドハーフの中村俊輔である。オシム監督時には右の中村、左の遠藤(あるいは右に中村でトップ下に遠藤)だったが、遠藤がポジションを下げたことで斜めの関係になった。中村がサイドから中央に移動してパスを受け、そこからSBのオーバーラップを使ったり、一気に逆サイドへ振って局面を変えるなど、中村のアイデアが攻撃を動かしていた。

ポゼッション&プレッシングのスタイル

 4-2-3-1のトップ下には玉田圭司や大久保嘉人など、プレーメーカーというよりセカンドトップのタイプ。中村憲剛も起用されたが、縦の2トップという感じである。岡田流は各選手の特徴の組み合わせによるパッチワークに近いが、オシム流や大木流に比べるとオーソドックスといっていい。

 慌てずにしっかりボールを確保し、遠藤・中村ルートで攻撃を作る、奪われたら直ちに前線から素早くプレッシャーをかける。ポゼッション&プレッシングの戦い方は、ザッケローニ時代にも引き継がれ、日本らしいプレースタイルとして定着した。その点で「日本化」は成されていたといえるかもしれない。無理のない形での日本化である。

 アジア予選を突破した日本は、日本化の真価を南アフリカワールドカップで問うはずだった。しかし、実際にはそうはならなかった。ワールドカップイヤーの2010年に入ると、それまで表面化していなかった弱点が露呈し、方向転換を余儀なくされたからだ。

(文:西部謙司)