コンパクトな2ラインを作るイラク

 10月6日、埼玉スタジアムにイラク代表を迎える日本代表。初戦のUAE戦で黒星を喫し、2試合を終えた時点ですでに厳しい状況に追い込まれている。イラクの“弱点”はどこにあるだろうか。そしてどうすれば、そこをつくことができるだろうか。日本代表には、相手のウィークポイントを効果的につける2枚のカードがある。(取材・文:河治良幸)

——————————

 ここまで1勝1敗。まだ予選は8試合を残すが、日本代表に対する風当たりは強い。また直後に迎えるアウェイのオーストラリア戦を含め、先を考えればホームのイラク戦は絶対に勝ち点3が求められる試合となる。

 イラクはここまでオーストラリアとサウジアラビアを相手に2連敗。やはり国内のメディアやファンから厳しいプレッシャーに晒されていると伝わるが、試合内容はそれほど悪くはなく、4失点は全て後半のものであり、簡単に打ち破れるチームではない。ただし、日本がイラクの“弱点”を効果的に突くことができれば、序盤からでも少なからずゴールチャンスを作り出すことができるはず。

 その“弱点”がセンターバックとサイドバックの間にしばしば生じるエアポケット的なギャップだ。イラクは体力のある前半はなるべく高い位置からプレッシャーをかけ、後半は自陣にコンパクトなブロックを作る傾向が強いのだが、どちらにしても最終ラインと中盤の2ラインをかなりコンパクトに維持しようとする意識に変わりはない。

「アジアの中でもしっかり90分間ブロックを作って守れるなということで、びっくり」

 最終予選の2試合をじっくり観たという酒井高徳もそう評価する組織的なディフェンスではあるが、中盤にボールを運ぶ相手に対してプレッシャーをかける時にセンターバックが前に押し上げ、サイドバックがステイして構えるシーンが多い。なぜそうした現象が起こるかというと、ブロックの合間でボールを受ける相手にセンターバックが距離を詰めようとするが、サイドバックは相手のウィングに縦を破られることを警戒して、そのままステイするためだ。

“ウィンガー・ストライカー”小林悠

 また通常は横の間隔を狭くしているが、やはりある局面でプレッシャーをかける時にガバッと音を立てる様に開く時がある。そうした“性質”が分かっていれば、全体的にコンパクトなディフェンスの中でも十分に付け入る隙があるはずだ。

 そうしたイラクの“弱点”を突く最も有効なオプションとして考えられるアタッカーが小林悠だ。ここまでチームメートの大久保嘉人と並ぶ日本人トップのリーグ15得点を記録。非凡な得点能力を今年のJリーグでも証明している。

 川崎フロンターレでは2トップの一角を本職とするが、ハリルホジッチ監督は基本的に[4-2-3-1]の右サイドハーフで考えている。

 そのポジションの主力を担う本田圭佑はワイドな位置でチャンスの起点を作る時と、ゴール前でフィニッシュに絡む時でポジショニングが大きく変わるタイプの選手。一方の小林はサイドから流れに応じて一瞬でゴールに向かうプレーができる、言わば“ウィンガー・ストライカー”だ。

 今回は本田が2日前に合流した事情もあり、小林を先発させやすい状況だが、戦術面でも効果的だ。

 その小林にイラクのディフェンスに関して聞くと「そこ(サイドバックとセンターバックの間)は一番の狙い目でもありますし、そういう相手によって嫌なところ、危険なところに飛び込んでいけるのが自分の特徴でもあると思う」と語り、ゴールへの意欲と自信をのぞかせている。

 もちろん、時に縦の裏を取ろうとしたり、中に流れる動きなどを見せることで、相手ディフェンスの目を揺さぶるなど、駆け引きをしながらタイミング良く“一番の狙い目”を突いていくはず。

ドリブルの対応が緩いイラクDF

 その小林にとって不安があるとすれば、パスを出す味方とのタイミングだ。今年に入り代表戦の出場は4試合。そのうち3試合は途中出場でトータルの出場時間はそれほど長くないが、得点を奪えていないのは自分の欲しいタイミングで縦パスが出てきていないことが大きい。

「一緒に練習する時間が短いので、そこは難しいところではありますけど、紅白戦をやれれば、そこでまた中盤の選手とコミュニケーションを取れると思う」と語る小林。

 もちろん川崎のチームメートである大島と同時に起用されれば、そうしたパスが出てきやすくなるはずだが、代表でのポジションを勝ち取るためには克服してほしいポイントだ。

 もう1つ、イラクの“弱点”となるのがサイドから斜めに仕掛けるドリブルに対する緩さだ。全体的に当たりがタイトで、ハリルホジッチ監督が言うところの“デュエル”に強さを発揮するが、最終ラインで付ききるのか受け渡すのかはっきりしないところがある。特に先の“弱点”と同じサイドバックとセンターバックの関係でそれは起こりやすい。

 酒井高徳が相手のウィークポイントにあげていた右サイドバックのアル・ムハウィは来日メンバーに入っておらず、そこには昨年1月のアジアカップで日本戦に出場していたサイードが先発することが予想される。

 ただ、どちらにしても組織として問題が生じやすいため、チャンスがあれば左サイドの選手は積極的に斜めのドリブルを仕掛けていくべきだ。その先陣を切るのはおそらく原口元気だろう。正確なボールタッチと高い推進力を生かす力強いドリブルはイラクのディフェンスにかなりの脅威を与えるはずだ。

純然たるドリブラー、齋藤学

 ただ、そうした“弱点”があるといっても前半はイラクの守備位置も基本的に高くなり、ドリブルに対して瞬間的に後手を踏んでも、ゴール前でリカバリーされやすい。

 効果が大きくなるのがイラクの守備が全体的に下がり、多少なりとも対応力が落ちる後半からだとすれば、そこで純然たるドリブラーのオプションを活用しない手はない。すなわち追加招集の齋藤学だ。

 ボールを持って前を向けば、回転力のある足の運びに吸い付く様なボールタッチを絡め、1対1すらまともに許さず危険な場所に切り込んでいく。フィニッシュの精度や落ち着きが課題とされてきたが、手倉森誠コーチが視察に訪れた直前のヴァンフォーレ甲府戦で先制点と追加点の2ゴールを決め、得点力をアピールした。

 最終的には誰が得点しても勝利を飾れれば良いわけだが、小林や齋藤がチャンスに結果を残せれば、彼らが“救世主”として代表での存在価値を高めることはもちろん、ハリルホジッチ監督のJリーグに対する評価にも変化が起こる可能性はある。

「(国内組の自分が)日本代表で海外の相手と試合して点を取ることで、日本のサッカーが盛り上がると思いますし、そういう責任が自分にはある」と小林が語るように、彼らの武器を大いに発揮し、イラクの“弱点”を突いていくことを期待する。そのためにも代表指揮官には勝利のためにより効果的な選手起用を求めたい。

(取材・文:河治良幸)