マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、チームに非現代的な指令を下しているようだ。アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタが明かした。アルゼンチンメディア『TyCスポーツ』が報じた。

 サバレタによると今季からチームの更衣室にはインターネット環境がないという。これは“ペップ”・グアルディオラ監督が決定したようで、「彼は我々からインターネットを取り上げたんだ。我々の更衣室には3G環境もなく、完全に隔離されてるよ」と、スマートフォンが普及している現代でネットが使用できず外部とは全く連絡ができない環境であると語った。

 さらにサバレタは「彼はチーム全員で朝食をとり、練習後も全員で昼食をとることを義務付けたんだ」とグアルディオラ監督の選手管理法も紹介した。

 グアルディオラ監督はオフシーズン期間中にも選手に食生活の改善を求め、食事に厳しいルールを設けるなど選手管理を徹底している。